お金を借りるならどこがいい?俺のおすすめ10選!即日お金借りる方法も解説

お金借りるおすすめ 借入

お金を借りるならどこがいいのか、多くの人は他の人の口コミや評価を気にしているのが現実でしょう。

でも、本当にその口コミや評価は正しいのか?どんな人かも分からない人のおすすめやレビューを見て信用できるのか、正直疑問に思いませんか?

一言言わせてもらうと、そんな口コミやレビューを見るなら、俺のおすすめで借りた方が断然安心・安全にお金を借りることができます。

なぜなら俺は過去に約10社以上からカードローンを借りて、いろいろな経験を積んできたからです。どこのカードローンが便利で、どこのカードローンが接客対応が悪くて、どこのカードローンが取立てがキツイのか、大体は知っています。

実際、接客対応や取立てなどは、俺自身の問題(たまに延滞とかしてました..)もあったことから、一概にそれだけで言い切れない部分はあります。

しかし、審査のレベル、増額が可能になる期間、入出金の便利さ、提携ATMの種類、そして延滞時にどれだけ待ってくれるか等は会社の基準が必ずあるので、ネットで書いてある情報よりもリアルに体験した俺の方が絶対に信頼できます。

お金を借りる時に「このサイトなら信頼できる!」と言われるようなサイトを作りたくて、サイトを立ち上げました。でも、きっと今読んでる人は、「お前が言うな。」と思っているでしょう(笑)

しかし、これだけはハッキリ言いますが、インターネット等で口コミ・評判を調べてもそれが本当の情報かは誰にも分かりません。リアルに体験した人しか言えない・書けないことが絶対にあるので、その部分を注目して見ることがコツとも言えます。

このサイトは、過去に若干多重債務者になった俺が、その経験から本当におすすめできるカードローンを紹介するサイトです。自己満足で終わらないように頑張ります!応援してもらえるとめっちゃ喜びます。

当サイトは専門家が全面監修しています

このサイトは専門家の貸金業務取扱主任者の監修を受けています。間違った情報を掲載しないよう努めておりますが、万が一事実と異なる内容等がありましたら、お問合せに送っていただければすぐに確認・修正いたします。

この記事の監修者

木山 浩二

木山 浩二

  • 第1回貸金業務取扱主任者試験合格
  • 消費者金融約15年勤務
  • 消費者金融大型店舗店長8年勤務
  • 小口~大口契約全ての審査決裁担当
  • 今はWEBメディア監修がメイン
    1. 当サイトは専門家が全面監修しています
  1. 今すぐ借りたい人におすすめの消費者金融ランキング
    1. 1位 申し込みから最短30分融資可能!「プロミス」
      1. 2位 知名度抜群・最速のカードローン「アコム」
      2. 3位 審査結果は申込完了後最短15秒!「レイクALSA」
      3. 4位 web完結なら電話連絡・郵送物なし!「SMBCモビット」
  2. 銀行カードローンでお金を借りるならここがおすすめ!
    1. 楽天ユーザーなら審査優遇有り!「楽天銀行スーパーローン」
    2. ネットバンクで人気なオリックス銀行カードローン
    3. おまとめ・借り換えも可能な横浜銀行カードローン
  3. ネットで検索して適当にお金を借りるのは絶対NG!
    1. お金借りるとこでおすすめはぶっちゃけどこなのか説
      1. ここが凄い!カードローンのメリット
    2. カードローンがどれだけ凄いのか知っていますか?
  4. 数字を見て選ぶ!どこが安心してお金を借りることができる?
    1. 主要銀行カードローンはどれぐらい貸付しているのか?
  5. お金を借りるとこで金利が1番安いのはどこなのか?
    1. カードローンの最低金利はなぜ借りられないの?
      1. そもそも法律の上限金利はどれだけ?
    2. JAバンクカードローンが一番金利が安いのか?
  6. 金利が安ければ安いほど審査も厳しくなる!
    1. お金借りる審査に不安なら消費者金融カードローンにすべし!
      1. よくある審査に通るか不安な人
    2. カードローンは手軽さと早さで即日に借りられます!
      1. 自宅への郵送物なしでお金を借りれるカードローン一覧
        1. カードローンの郵便局留めは対応してくれません!
  7. お金を借りる審査時間ってどれぐらいかかるの?早く結果を知るコツは?
    1. 大手消費者金融カードローンの審査時間分
    2. お金を借りる審査で最も早いのはレイクALSA?
    3. 銀行カードローンの審査時間はどれくらい?
    4. 銀行カードローンは口座の有無でも審査時間が変わってくる
      1. 銀行口座開設不要で選ぶなら楽天銀行とオリックス銀行がおすすめ!
  8. 最短30分審査!?カードローン審査が早い理由とは
    1. 仮審査はコンピュータが自動的に行う
    2. 土日祝日の在籍確認は書類で対応してもらえば問題なし
    3. カードローン審査の結果を早く知るコツ
      1. 1.早い時間帯に申し込む
      2. 2.在籍確認に対応できる状態にしておく
        1. 電話連絡が不安ならSMBCモビットがおすすめ
      3. 3.希望限度額は必要最小限にする
      4. 4.1社ずつ申し込む
      5. 5.審査担当者に「急いでいる」と伝える
    4. カードローン審査を早く終わらせるために注意すべきこと
      1. 審査落ちor審査が遅くなる重要な箇所
    5. 年収の虚偽申告はバレる?嘘の年収を申告するのはやめましょう
      1. 本人確認書類の記載住所に注意
  9. おまとめローンや借り換えローンでお金を借りることは難しいの?
    1. おまとめローンと借り換えローンは同じ意味?
    2. おまとめローンと一般的なカードローンはどっちが審査に通りやすいのか?
      1. おまとめローンの落とし穴!安易におまとめすると危険?
  10. お金を借りるのに審査甘い・通りやすいところはあるのか?審査に通るコツとは?
    1. カードローンにはどんな種類がある?審査が一番甘いところは?
    2. 審査が甘いカードローンはありません!
    3. 消費者金融と信販会社の審査はハードルが低めです
      1. 上限金利が高い
    4. 消費者金融・信販会社のカードローンの審査に通るコツ
    5. 銀行・信用金庫・労働金庫のカードローンの審査に通るコツ
      1. 上限金利が低すぎない
      2. 保証会社を確認しておく
      3. 保証会社は消費者金融や信販会社が多い
  11. 給料ファクタリングって何?お金を借りても大丈夫なの?
    1. 給料ファクタリング業者は審査が無いのでブラックでも借りれる?
  12. 【すべてのカードローン共通】審査に通過するためのポイント5つ!
      1. 安定した収入源を持つ
      2. クレカやローンの返済期日は必ず守る
      3. 他社の借入額と件数は少なめに
      4. 信用情報に事故情報がないこと
  13. 即日でお金を借りたい時に申し込むべき業者とは?
    1. 即日融資でスピートNo.1はプロミス!
  14. 親や友達からお金を借りる場合の注意点
    1. 親や友達から借りる場合は必ず返済日を伝える事
    2. 個人間でお金を貸した場合の上限金利は10.95%も取れる?
  15. 郵便局(ゆうちょ)からお金を借りる方法は?
    1. ゆうちょ銀行にはカードローンの取扱がありません
      1. 貯金担保自動貸付けの商品内容
    2. ゆうちょは住宅ローン貸付をしているのか?
      1. ソニー銀行と新生銀行の住宅ローン比較
    3. まとめ:ゆうちょ銀行からお金を借りる選択肢はおすすめしません
  16. アプリでお金を借りるメリットとは?アプリの特徴を解説
    1. アプリはWEB(ネット)でお金を借りるのと、どう違うの?
      1. アプリの最大メリットはカードなしでスマホで借入・返済ができる事
        1. プロミスアプリローンのスマホATMの使い方
  17. 高齢者がお金を借りるには?高齢者が借りる方法まとめ
    1. 年金担保貸付事業は令和4年3月末で申込が終了になります
    2. 年金担保貸付の金利は年2.8%だが連帯保証人が必要
    3. 生活福祉資金貸付制度は高齢者でもお金を借りることが可能
  18. コンビニATMでお金を借りる方法とは?コンビニで借入するには?
    1. コンビニから借入するならセブン銀行カードローンがおすすめ
  19. 日本政策金融公庫でお金を借りる方法と融資の種類
    1. 日本政策金融公庫の融資制度
  20. 個人間融資とは?掲示板やTwitterで個人間の貸し借りは危険!?
    1. 個人間融資では信用情報は調査できない
    2. 個人間融資は危険なので絶対にやめましょう!

今すぐ借りたい人におすすめの消費者金融ランキング

お金借りるおすすめランキング
ここからは当サイトが独自で調査した消費者金融のおすすめランキングを紹介します。特に急ぎでお金を借りたい人は間違いなく消費者金融へ申込するべきです。

銀行にもカードローンはありますが、銀行は反社会的勢力への融資をしないために申込者を警察庁データベースに照会する義務があります。

警察庁データベースの回答は翌日以降になるため、銀行カードローンでは即日融資ができないのです。当日にお金を借りたい人がそれを知らずに銀行に申込してしまうと、ただ時間の無駄になってしまいます。

消費者金融は警察庁データベース照会はしてませんので、早ければ20分~30分程度で現金を手にすることができるのです。

1位 申し込みから最短30分融資可能!「プロミス」

プロミス

金利 限度額 審査時間 融資時間
年4.5%~17.8% 最高500万円 最短30分 最短30分

俺のおすすめ1位はプロミスです。プロミスは正直言ってめっちゃ便利です!

プロミスはアプリローンがありますので、アプリから申込みしてセブン銀行ATMで最短30分で即日融資ができますし、カードレス(カード発行しなくても良い)対応なため、自宅に郵送物一切なしで借りることができます。

そして初めて借りる人はもちろん*30日間無利息になりますが、アコムやレイクALSA、アイフルのように「契約日翌日」から無利息では無く、プロミスは「借入日翌日」から無利息になります。

わかりやすく言えば、すぐに借りずに限度額だけ作る人がいますが、アコムやレイクALSAはお金を出金していなくても契約してしまえば無利息期間がスタートしてしまいます。でもプロミスなら出金した翌日から無利息期間が計算されますので、本当に必要になった日から30日間無利息になるのです。

そして接客対応も本当に親切です。何度か増額の相談や返済についても相談したことがありますが、電話に出た人はいつも丁寧に話を聞いてくれて、増額審査もいろいろと頑張ってくれてる感じが凄く伝わりました!

カードローンはたくさんありますが、最先端の会員サービスを提供しているのは間違いなくプロミスです。プロミスの「瞬フリ」を使えば、*原則24時間365日最短10秒で即日融資が受けられます。

土日祝日問わず、いつでも振込で借入ができるのは、まさに「神レベル」の対応です。どこで借りていいのか、はっきり分からない人は、とりあえずプロミスにしておけば間違いありません。

*30日間無利息は、メールアドレスとWEB利用明細の登録が必要です
*プロミスの瞬フリは対応していない金融機関もあります。

プロミス公式サイトはこちら>>

2位 知名度抜群・最速のカードローン「アコム」

アコム

金利 限度額 審査時間 融資時間
年3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分 最短60分

俺が個人的におすすめするカードローンはアコムです。その理由はアコムはとりあえず審査が早い!審査時間はカードローンでも最速の最短30分なので、申込完了後に他事をしていたらあっという間に結果が出ます。

そして、借入や返済等の対応がプロミスと同じぐらいに良いです!三菱UFJフィナンシャル・グループなので安心感もばっちりです。

アコムは消費者金融最大手です。消費者金融で貸付残高No.1なのは、それだけ支持されている&リピーターも多く、顧客満足度が高い証拠とも言えます。アコムも楽天銀行の口座を持っていれば原則24時間365日最短1分で振込されるので、土日祝日関係なく最短即日融資が可能です。

楽天以外でも三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行は平日は9:00~23:49まで最短1分で振込ができます(土日祝は9:00~19:59まで)。また、初めて借りる人は30日間無利息になるので、1ヵ月以内しか利用しない人は金利0%で借りることができます!

俺的にはプロミス・アコムはお金を借りるところで2大巨頭になっていて、3秒診断も利用できるので上位にランクインしました。

アコム公式サイトはこちら>>

3位 審査結果は申込完了後最短15秒!「レイクALSA」

レイクアルサ

金利 限度額 審査時間 融資時間
年4.5%~18.0% 最大500万円 最短30分 webなら最短60分融資も可能

レイクALSAのポテンシャルはかなり高いです。借入額が5万円までなら最大180日間の無利息が受けられるのはレイクALSAの最大の特徴と言えます(30日間・60日間無利息との併用不可)。

もし仮に5万円以内の少額借入であれば、銀行やJAバンク、国からの借入(生活福祉資金貸付制度※連帯保証人無しの場合、金利年1.5%)よりも安く180日間も借りることができるのです。

そして、カードレス対応なので郵便物なしで借りることもでき、レイクALSA公式アプリから申込み→借入もできます。アプリから申込し、カードレスにした場合でもスマホを使ってセブン銀行から返済ができるため、不便さはありません。

また、レイクALSAの即日融資は21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能なので、ある程度遅めの時間でも問題ありません。*一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

俺的には、消費者金融の中でも利便性やサービスに関しては、プロミスにも引けを取らないレベルです。

*webで最短60分融資可能は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。レイクALSAの貸付条件表はこちら参照。

レイクALSA公式サイトはこちら>>

レイクALSA無利息注意点
  • 60日間無利息(Web申込み限定)、5万円まで180日間無利息(契約額1万円~200万円まで)、30日間無利息の併用はできません
  • 新生フィナンシャルで初めて契約いただいた方が対象。60日間無利息はWeb申込みの方で契約額が1~200万円の方のみ
  • 無利息開始日は契約日の翌日から。借入れ日の翌日からではありません
  • 契約額が200万円超の方は30日間無利息のみ(30日間無利息は契約額1万円~500万円まで)
  • 無利息期間中も返済日があります。借入れ後の返済日を確認ください
  • 返済日はレイクALSAの会員ページ、新生銀行カードローンATMの利用明細書、契約時の書類で確認ください
  • 無利息期間中に返済が滞った場合、無利息期間が終了となり返済日の翌日以降の遅延損害金及び利息負担となります
  • 無利息期間終了後は通常金利適用となります
  • Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できる

4位 web完結なら電話連絡・郵送物なし!「SMBCモビット」

モビット

金利 限度額 審査時間 融資時間
年3.0%~18.0% 最高800万円 最短即日 最短即日*

SMBCモビットを利用した時に良かったのは、SMBCモビットのWEB完結はで借りられることです。

連絡はすべてメールでやりとりでき、一度も会話することなく借りることができます。そのため会社にはもちろん、奥さんや彼女、親に内緒でお金を借りたい人には、かなりおすすめです。

SMBCモビットにも何度か借入・返済の相談で電話したことがありますが、対応は非常に良かったです。普通に遅れずに返済していれば2ヶ月目以降は増額も期待できるでしょう(※審査次第ですが)。

デメリットを1つ言えば、モビットのWEB完結は条件が他よりも厳しくなっています。三井住友銀行・三菱UFJ銀行かみずほ銀行、またはゆうちょ銀行の口座を持っていて、尚且つ、社会保険証か組合保険証を持っていなければWEB完結で申込みすることができません。

国保や地銀の銀行口座しか持っていない人は、WEB完結申込みができないので注意が必要です。

しかし、WEB完結なら電話連絡なしで借りられる安心感に加え、モビットの即日融資は原則24時間365日最短3分で可能となっているので、土日祝日でも営業時間外でも即日借入ができます。

初回無利息サービスがない点が多少気になるものの、俺的には消費者金融のイメージが薄く、借入の抵抗が他に比べて少ないので個人的にはイチオシです。

*最短即日融資は申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット公式サイトはこちら>>

銀行カードローンでお金を借りるならここがおすすめ!

三菱UFJ銀行
消費者金融とは違い、銀行カードローンは即日融資ができませんが、早い銀行なら申込の最短翌営業日には審査結果が出ます。銀行は消費者金融と比べて上限金利が低くなっているのが特徴です。

銀行ならではの金利なので、消費者金融からの借り換えにもおすすめです。デメリットとして、必ず保証会社(貸金業者)が付くことが融資条件となっているため、保証会社と銀行の2つの審査に通る必要があります。

そのため消費者金融よりも審査が厳しく、特に学生などの20代前半の人は審査に通るのはかなり厳しくなっています。

楽天ユーザーなら審査優遇有り!「楽天銀行スーパーローン」

楽天銀行カードローン

金利 限度額 審査時間 融資時間
年1.9%~14.5% 最大800万円 最短翌営業日 最短翌営業日

俺的に銀行カードローンの中で一番好きなのは楽天銀行のカードローンです。年1.9%~14.5%と銀行ならではの金利なので、消費者金融を借りてる人は借り換えにも最適です。

楽天銀行口座への振込融資は24時間365日即時可能となっており、楽天銀行口座以外でも23:50~0:10以外は当日振込が可能となっています。(※モアタイムシステム参加金融機関の場合)

楽天銀行普通預金口座を持っていない人でも、口座不要で借入でき、提携コンビニATM手数料も無料!(※一部利用できない時間帯・利用手数料が発生するATMがあります。)

そして楽天会員ランクに応じて審査優遇があるので、楽天会員の人には特におすすめとなります。(※必ずしも全ての楽天会員様が審査の優遇を受けられるとは限りません。)

楽天銀行スーパーローン公式サイトはこちら>>

ネットバンクで人気なオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

金利 限度額 審査時間 融資時間
年1.7%~17.8% 最大800万円 数日 数日

オリックス銀行は店舗を持たないネットバンクになります。申込から契約まで全てWEBで完了でき、オリックス銀行口座も不要で利用できるので、とても利用しやすいカードローンになっています。

オリックス銀行は金利が1.7%~17.8%のため、上限金利はプロミスと同じで高めですが、消費者金融とは違い必ず上限金利が適用されるわけではありません。例えば100万円未満であれば金利は年12.0%~17.8%となっているため、審査結果で年12.0%の金利が出る可能性も充分にあるのです。

オリックス銀行最大の特徴はカードローンでもトップクラスの提携ATM台数(100,000台以上 2020年3月末現在)の利用手数料が終日0円無料で利用できることです。

俺は実際にオリックス銀行から借りてましたが、LINEで残高照会や借入可能額等がすぐに分かるサービスはかなり便利でした!自宅にローンカードが必ず届くので、内緒で借りたい人には向いていませんが、30代以上で高限度額を希望する方にはおすすめです。

オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら>>

おまとめ・借り換えも可能な横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

金利 限度額 審査時間 融資時間
年1.5%~14.6% 10万円~1,000万円 最短翌日 最短翌日

銀行カードローンはおまとめローンには消極的なところが多いのですが、横浜銀行カードローンは消費者金融からの借り換えやおまとめローンとしても積極的に融資を行っています。

神奈川県、東京都、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市のみ)に居住またはお勤めの方が条件になりますが、上限金利年14.6%はメガバンクカードローンと同水準のため、かなりおすすめです。

審査結果は最短翌日にわかるため急ぎの人でも満足でき、横浜銀行口座なしでも申し込み可能となっています(審査通過後契約までに開設必要)。

横浜銀行カードローン公式サイトはこちら>>

ネットで検索して適当にお金を借りるのは絶対NG!

ネット検索でお金を借りる方法
今の時代、インターネットリテラシーが非常に重要になっていますが、そんな時代だからこそ、逆に俺を信用して欲しいと思っています。

お金に困る人は、いち早く現金を借りたいので、適当にインターネットで検索して、適当な業者から借りてしまいますが、俺から言わせてもらえば、お金を借りる人それぞれに合った借入先が必ずあります。

それがカードローンだったり、JAバンクだったり、ろうきんだったり、銀行だったり、信用金庫だったり。

中には無職で明日生きるのもやっとの人がいると思いますが、その場合は早急に市役所や区役所に行ってください。

カードローンや銀行などは、基本的に安定収入がある人しか貸付をしていません。しかし、市役所や区役所では生活保護だったり、生活福祉資金貸付制度がありますので、無職の人でもお金を借りることができるのです(生活保護は貸付ではありませんが)。

借入先だけではなく、今すぐに即日融資でお金を借りたいのか、時間はいくらかかっても良いから、金利が安いところで借りたいのか、誰にもバレずにこっそりと借りたいのか、人それぞれ考えが違います。

このサイトへコメントやメールしてもらえば、全力で返信します。みんなからの声があればあるほど、俺はこのサイトを更新していき、お金を借りる人へのアドバイスを真剣にしていきたいと思っています。

お金借りるとこでおすすめはぶっちゃけどこなのか説

今の時代、いろんなところでお金を借りることができますが、代表的なのは、カードローンです。

一昔前まではカードローンと言う言葉自体存在していませんでした(今の若い人は普通に使っていると思いますけど)。

2000年後半に銀行が個人向け融資に参入したのですが、「キャッシング」という言葉を銀行が嫌っていることもあり、キャッシングに代わる言葉として、「カードローン」を銀行がテレビCM等で出し始め、定着したのです。

一番よく使っていたのは、三菱UFJ銀行カードローンバンクイックのcmでしょう。

今は銀行の過剰貸付問題があり、多少CMが減っていますが、2014~2016年は圧倒的にバンクイックのテレビCMの影響で「カードローン」と言う単語が世に馴染んできました。

まあ、そんな話はどーでもいいのですが、お金を借りる手段として最も手軽で素早く安心して借りれるのはカードローンということに間違いありません。

カードローンのメリットを分かり易く下に書いておきます。

ここが凄い!カードローンのメリット

  • 無担保・無保証で借りれる
  • 運転免許証のみで借りれる
  • 最短1時間融資も可能な業者も有
  • 申込当日に最短即日融資が可能
  • 銀行の子会社やグループ会社なので安心
  • 無利息サービスなどお得に借りれる
  • 保証人や担保は必要なしで借りれる

カードローンがどれだけ凄いのか知っていますか?

なぜお金を借りるならカードローンがおすすめなのか?それは、それだけカードローンが凄いからに他なりません。

先ほどカードローンのメリットを書きましたが、あの項目全部可能なのが、カードローンです。

逆にカードローン以外で同じようなメリットをもっているなら俺に教えてください。はっきり言えますが、カードローン以上に便利にお金を借りるところはあり得ません。

お金を借りる時に一番重要なのは金利もそうですが、本当は「手軽に借りれるかどうか」なのです。

仮に10万円を借りたいと思った時、わざわざ窓口に行って、給料明細書や所得証明書、印鑑証明や実印などが必要になったら、きっと多くの人は面倒だと思うでしょう。

印鑑証明や所得証明書は市役所に行かなければ取れませんし、10万円借りるだけでも何度も足を運ばなければなりません。

こんなメンドクサイなら他で借りるわ!と心の中で思うはずです。俺なら絶対5回は叫びますね。

要するに、お金が必要な人は一刻でも早く、簡単な手続きで、信頼できるところから借りたいのです。

カードローンは、来店する必要も無く、運転免許証があれば(無ければ保険証と住民票)、その他は何も必要なく借りることができる。

借入希望額が50万円以下で、他の貸金業者と借入希望額の合計が100万円以下なら、収入証明書も不要です。

そして、なんといっても審査時間は最短で30分!融資時間で一番早いのは、申込から最短1時間融資さえも可能になっています。

こんな気軽に借りれて、尚且つスピードも早いところが他にあるだろうか?

しかも、カードローンは銀行や消費者金融、クレジット・信販会社などが出しているが、消費者金融の一部を除き、ほとんどが大手会社になっています。

消費者金融大手は、銀行の子会社やグループ会社になっているので接客対応も良く、安心して借りられるのです。

数字を見て選ぶ!どこが安心してお金を借りることができる?

お金借りる場所
大手消費者金融はどこが一番規模が大きいのか?

2018年度大手消費者金融3社決算(単位百万)

項目/業者 アコム SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) アイフル 3社合計
総貸付残高 821,943 778,554 396,540 1,997,037
無担保貸付 816,742 777,861 379,317 1,973,920
事業者向け 3 - 7,915 7,918
有担保 5,201 693 9,306 15,200
保証事業残高 1,058,760 1,235,745 99,694 2,394,199
無担保口座数 1,538,025 1,404,504 861,982 3,804,511
無担保1口座平均残高 531,000円 553,000円 440,000円 508,000円
※参考資料:月刊消費者信用2019年7月号

上記は大手消費者金融3社の2018年度決算の数字です。

数字で見ればどのような規模なのかすぐ分かると思います。消費者金融で最大手は2018年はアコムになります。

無担保・事業者向け・有担保の貸付残高が3社中トップになっています。

表を見れば分かりますが、アコムSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)に関しては事業者向け融資をほぼ行っていません。

しかし、アイフルは事業者向け融資残高は79億あり3社の中で、ずば抜けています。

このことから、事業者ローンを借りたい人はアイフルに申込した方が良いことが分かります。

また、保証事業残高を見ると、アコム、SMBCコンシューマーファイナンスともに自社の貸付残高を上回っていることが分かります。

保証事業残高とは、銀行カードローンなどの保証会社になっている残高です。アコムなら、三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの保証会社になっていますし、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、三井住友銀行カードローンの保証会社です。

その他の都市銀行・地方銀行など、多くの保証会社を大手消費者金融がやっています。

無担保の1口座当たりの平均残高は、アイフル以外は50万円を超えています。このことから、アコム、プロミスに関しては多くの人が50万円の残高で利用していることが分かります。

アコムよりもプロミスの方が若干、平均残高は上になっています。

主要銀行カードローンはどれぐらい貸付しているのか?

2019年3月末 主要銀行カードローンの貸付残高(単位億円)
銀行/年度 2018年3月末 2019年3月末 年間増加額
三井住友銀行 6,426 6,178 △248
三菱UFJ銀行 4,615 4,649 34
新生銀行 2,878 2,643 △230
楽天銀行 4,014 4,059 45
住信SBIネット銀行 1,419 1,386 △33
オリックス銀行 1,206 1,122 △84
※参考資料:月刊消費者信用2019年7月号

主要銀行カードローンで融資残高トップなのは三井住友銀行カードローンになります。

個人的には三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの方が、貸付は多いイメージがあったのでちょっとビックリしました。

2018年3/末から、2019年3/末の1年間で融資残高が増えているのは、三菱UFJ銀行と、楽天銀行だけです。

銀行カードローンは2018年より即日融資ができなくなりました。また、2017年には過剰貸付問題もニュースとなったことから、審査基準はかなり厳しくなってきていると思われます。

消費者金融大手と比べてみると、まだ貸付残高はアコムやSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の方が上ですが、消費者金融の貸付残高は昔に比べて減ってきています。

まだ武富士が最大手だった2000年頃は、大手の武富士、アコム、プロミスは貸付残高1兆円を超えていた時期もあります。

しかしながら、自己破産者が年間20万人を超えたことで消費者金融の過剰貸付が社会問題になり、上限金利の引下げによる審査の厳格化、2010年には貸金業法改正によって、総量規制が導入され、貸付は年収の3分の1までに規制されました。

消費者金融にはそのような歴史があるのです。一方、銀行カードローンは比較的最近出たローンですが、三井住友銀行、三菱UFJ銀行を筆頭に貸付残高を短い期間で伸ばしてきています。

銀行は総量規制対象外でしたが、今は自主的に総量規制に似た貸付基準をとっていることから、一時のような急激な伸びは無いと思われます。

お金を借りるとこで金利が1番安いのはどこなのか?

三菱UFJ銀行
カードローンの凄さは教えましたが、手間や時間がかかってもいいから、「とにかく金利が安いところを教えて欲しい。」という人もいるでしょう。

俺は手軽に借りれるのが重要と説明しましたが、「金利こそ命だ!」と考えている人も中にはいるはずです。

そこで、お金を借りるところで金利が安いのはどこなのか?俺的に調べてみました。

お金借りるとこ 金利
都市銀行教育ローン 年3.975%
都市銀行マイカーローン 年1.720%~2.975%
都市銀行リフォームローン 年2.875%
JAバンク教育ローン 年3.075%
JAバンクマイカーローン 年2.712%
JAバンクフリーローン 年3.012%
労金教育ローン 年2.8%
労金カーライフローン 年2.8%
労金フリーローン 年4.0%
カードローンの金利一覧
ローン 金利
住信SBIネット銀行 年0.99%~14.79%
オリックス銀行 年1.7%~17.8%
三菱UFJ銀行 年1.8%~14.6%
楽天銀行のカードローン 年1.9%~14.5%
みずほ銀行 年2.0%~14.0%
ソニー銀行 年2.5%~13.8%
ジャパンネット銀行 年2.5%~18.0%
りそな銀行 年3.5%~12.475%
イオン銀行 年3.8%~13.8%
三井住友銀行 年4.0%~14.5%
プロミス 年4.5%~17.8%
アコム 年3.0%~18.0%
レイクALSA 年4.5%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
ジェイスコア 年0.8%~15.0%
主に、銀行、JAバンク、労金、そしてカードローンの金利を調べてみました。一言で言うなら金利が安いおすすめは、JAバンクのフリーローンです。

教育ローンやカーローンなどは目的ローンで使途が決まっているので、その目的でなければ借りられません。

そのため使途自由のフリーローンで考えた場合、労金の年4.0%よりもJAバンクの年3.012%の方が金利が安くなっています。

カードローンの金利では左側の最低金利が0.99%や1.7%、2.0%などのカードローンがありますが、騙されないように。

カードローンの最低金利はほぼ99%借りられないと思ってください。実際に借りたときに設定される金利は、右側の上限金利です。

カードローンの最低金利はなぜ借りられないの?

カードローンには最低金利(下限金利)と最高金利(上限金利)があるものが多く、WEBやテレビでも金利表示は1.9%(最低金利)~16.5%(最高金利)の形式で書かれています。

しかし、この最低金利で借りることは、ほぼできません。普通に考えれば分かりますが、無担保・無保証で初めましての人がいきなりカーローンや教育ローンよりも低い1%台などの金利で借りれると思いますか?

申込金額が50万円や100万円などの小さい限度額で最低金利で融資をしてたら、カードローン会社の利益は少なく、仮に貸倒になった場合、損害が多くなるのです。

特に消費者金融は最低金利で借りられた人を聞いたことがありません。要するに、最低金利はあって無いようなものなのです。

くれぐれも最低金利で借りられると勘違いして、それだけを見て申込するのはやめましょう…。

ぶっちゃけ俺は最初しらなかったので、そこばかり見ていました…まだ若かったです..。

上限金利だけで見た場合、カードローンは全て10%以上の金利になっています。消費者金融などは18.0%の金利です。

これに比べると、どれだけJAバンクや労金のフリーローンが安いのか分かると思います。

そもそも法律の上限金利はどれだけ?

そもそも金利って最大どれだけ取れるの?と気になる人もいるかと思います。

日本の金利は利息制限法、貸金業法、出資法(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律)の3つの法律によって金額ごとに定められています。

・貸付額10万円未満は年20%まで
・貸付額10万円以上100万円未満は年18%まで
・貸付額100万円以上は年15%まで

今は上記の金利で統一されていますが、2010年の貸金業法改正までは、利息制限法と出資法では金利が違っており、利息制限法では10万円以上100万円未満が年18.0%なのに対し、出資法は年29.2%まで認めていました(差の部分をグレーゾーン金利と呼ばれていました)。

このため、貸金業者は出資法の年29.2%を上限金利として融資していましたが、最高裁平成18年1月13日判決で利息制限法を上回る利息を任意に払った場合でも、みなし弁済は認められない旨の判決が出ました。

これによって消費者金融業界は一気にこれまで受領していた18%以上の利息を、すべて18%に引き直し、その結果元本が消滅し、その後も返済を受けていた分(過払い分)を返還することとなり、過払いブームによって最大手の上場会社の武富士が倒産するまでになりました。

この過払いは利息制限法と出資法との金利が違っていたためにおきたものですが、現状は利息制限法の金利で統一されていますので、今後過払いがでることはありません。

JAバンクカードローンが一番金利が安いのか?

金利だけを見て、俺的に本当におすすめできるのは、JAバンクのカードローンになります。

地域によって金利が違いますが、俺の住んでいる名古屋の場合、JAなごやのカードローンの金利は年7.600%~10.000%となっています。

金利が7.6%~10.0%ということは、審査に通れば10%以下の金利で借りれることになるのです。

労金(東海)の年4.0%も魅力的ですが、労金は限度額内での追加借入ができません。基本的には借りた後に、毎月決まった金額を完済するまで返済していくだけです。

それに比べてJAバンクのカードローンは、通常のカードローンと同じく、限度額内で繰り返し、借入と返済ができます。

それでこの金利は破壊的に安い金利と言っても良いでしょう。

JAバンクカードローンの商品概要を下に書いておきます。

JAバンク(なごや)カードローン商品概要

ご利用いただける方
地区内に在住または在勤の方
ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
継続して安定した収入のある方
JA(他JAを含む。)との間でカードローン取引を行っていない方
JAが指定する保証機関の保証が受けられる方
その他当JAが定める条件を満たしている方
資金使途 生活に必要な一切の資金
契約極度額 10万円以上500万円以内とし、10万円単位
契約期間 ご契約日から1年後の応答日の属する月のJAが定める日(休日の場合は翌営業日。具体的な日付についてはJAまでお問い合わせください。)までとします。ただし、ご契約者から解約の意思表示がなく、当JAがその信用状況について所定の点検を行った結果、契約の更新に支障がないものと判断した場合は、さらに1年間延長するものとし、以後も同様としますが、満70歳の誕生日以降は契約の更新は行いません。
借入利率 JA所定の利率
※借入利率には保証料を含みます。
※利率は店頭に掲示します。
返済方法 約定返済
毎月JAが定める日(休日の場合は翌営業日。具体的な日付についてはJAまでお問い合わせください。)を約定返済日とし、前月約定返済日現在のお借入残高に応じて返済用貯金口座からの自動引落しによりご返済いただきます。
任意返済
毎月の約定返済のほかに、当JA窓口あるいはATMから貸越専用口座へ随時ご入金(ご返済)いただくことも可能です。ただし、随時ご入金(ご返済)いただきましても毎月のご返済(約定返済)をされたことにはなりませんので、次回の約定返済日に返済用貯金口座から約定返済額の引落しが行われます。
担保 不要
保証人 JAが指定する保証機関(三菱UFJニコス株式会社)の保証をご利用いただきますので、原則として保証人は不要です。
必要書類 ・ご本人さまが確認できるもの 運転免許証・パスポートほか
・年収の確認ができる書類
給与所得者・・・源泉徴収票または住民税決定通知書・公的証明書ほか
自営業者・・・納税証明書または確定申告書
※申込金額が50万円以下の場合は不要(ただし、JAによっては提出が必要な場合もございますので、詳細はお申込み店舗にお問い合わせください。)場合により、その他のご提出をお願いする場合があります。
JAバンクカードローン公式サイトを見る

金利が安ければ安いほど審査も厳しくなる!

1つ言っておきますが、金利が安ければ安いほど審査が厳しいと思ってください。これは当たり前。

金利が低いと言うことは、それだけ融資した利息の収入が少ない事になる。そんな少ない利息収入の中で、貸倒になれば大ごとです。

お金を貸す審査では、申込者の年齢、住居種別、年収、勤務先など細かい事まで聞き、与信を出しています。

さっきおすすめしたJAバンクカードローンは、利用条件だけ見れば、特に問題ないが、最初の関門は保証会社が三菱UFJニコスになっている点です。

銀行カードローンだと、大手消費者金融が保証会社になっている場合が多く、その分安心して申込できますが、JAバンクは保証会社が三菱UFJニコスになっているため、保証会社の審査がまず厳しくなっているのです。

そして、三菱UFJニコスの審査に通ったとしても、JAバンクの審査に通らなければ借りられません。

かと言って、めちゃくちゃ審査が厳しければ誰も借りられない、幻のカードローンになってしまいます。

俺が予想するJAバンクの審査基準は、年齢が30歳以上で勤続5年以上、年収500万円以上で他のカードローンやクレジットカードのキャッシングが無ければ借りられるでしょう。

逆に女性には厳しい審査基準になっていると思われます。女性で年収が500万円以下の場合、勤続年数が10年以上なければ審査に通ることは厳しいと言えます。

どちらにも言えることは、借入が今現在無いことです。

もし、消費者金融や銀行カードローンで借入があるなら、JAバンクカードローンの審査に通りにくくなるので、借りたいなら、一番最初に申込するべきです。

お金借りる審査に不安なら消費者金融カードローンにすべし!

もし、自分がJAバンクやろうきんなどの審査に通るか不安なら、消費者金融カードローンに申込することを俺はおすすめします。

不安だと思う要素は人それぞれですが、よくあるのは下記の事です。

よくある審査に通るか不安な人

年収が少ない(300万円未満)
勤続年数が3年未満
すでに消費者金融で1件以上借りている
女性でパート・アルバイトの収入しか無い
過去にクレジットカードなどで滞納していた
過去に債務整理や破産をしたことがある

ハッキリ言うと、最後の2つ以外なら消費者金融カードローンの審査は多分通ります。

仮に最後の2つに該当していたとしても、状況次第では審査に通ります。

例えば、過去にクレジットカードの返済を滞納していた場合だが、滞納していた日数が61日未満であれば、異動情報(事故情報)になっていないので、普通に審査は通るでしょう。

また、61日以上滞納していたとしても、既に完済して5年以上経過しているならば、異動情報は消えているため、問題はありません。

過去に債務整理や破産をしていた場合も同じで、借金を完済または破産免責決定後、5年以上経過しているならば、信用情報の異動情報も消えているので、審査は通り、融資も受けられるはずです。

もし5年未満だった場合は、信用情報に異動情報が登録されているか、されていないかで借りられるか決まります。

基本的に異動情報(事故情報)は解決してから5年を超えない期間登録されることになっているのです。

この異動情報があれば99%審査落ちになります。無駄な申込をする前に、まず自分自身の信用情報を見ることが大事。

信用情報は簡単に開示請求ができます。お金を借りる上で調べられる信用情報は3つ。
JICC(日本信用情報機構)
CIC(シーアイシー)
全国銀行個人信用情報センター
もし過去に滞納や債務整理、自己破産をしている人は、異動情報が消えているか、消えてないか、自分の信用情報を開示して確認してみるべきです。
開示の手続きはめちゃくちゃ簡単。上のリンクから開示手続きのページを見れば誰でも分かるはずです。
もし異動情報が消えてない場合はどうすればいい?
信用情報が消えてない場合
仮に10年前に自己破産をして、免責許可を受けているのに、自分の信用情報を確認したら、自己破産の異動情報がまだ登録されていたと言う話は稀にあります。

このような場合、すぐに登録している業者(情報が登録したままになっている業者)に連絡をしてください。指定信用情報機関は、基本的に業者からの報告で情報が登録されています。

本日50万円を融資したり、全額入金で完済になったなどは、業者しか分かりません。

そのため、異動情報も業者が信用情報機関に報告しており、仮に免責決定になった人は、自己破産の異動情報は5年経過で消えなければなりません。

しかし、稀に業者側が報告し忘れ等で、異動情報が残ったままになっていることもありますので、そのような時はすぐに情報を登録している業者に連絡すれば、大体は削除してもらえます。

カードローンは手軽さと早さで即日に借りられます!

カードローンは確かにJAバンクや労金、銀行の目的ローンと比べれば金利は高くなります。

けれど、それ以上に身分証明書一点で借りられる手軽さと、最短即日融資(消費者金融のみ)ができるスピード感、そして借り手のプライバシーを重視したサービスや接客には目をみはるものがあります。

誰でも借金は内緒で借りたいものです。

住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど大義名分があるローンなら別ですが、小遣いが足りなくなったから多少借りたい人や、欲しい鞄や服、または飲み代で借りたいと思う人ほど、内緒にしたいものです。

JAバンクのカードローンは金利は安くても、審査時間は長く、最終的にJAの店頭窓口で契約をしなければならず、消費者金融カードローンに比べると非常に手続きが面倒になっており、内緒で借りたい人は来店するのも正直抵抗があるはずです。

今の消費者金融カードローンの場合、全て契約はWEB完結になっており、カードレス(カード発行なし)対応のところでは、自宅への郵送物は一切なしで借りれるところまであります。

自宅への郵送物なしでお金を借りれるカードローン一覧

プロミス ジェイスコア アイフル SMBCモビット
金利 年4.5~17.8% 年0.8~15.0% 年3.0~18.0% 年3.0~18.0%
限度額 最高500万円 10万円~1,000万円 最高800万円 最高800万円
おすすめ度 星5個 星4個 星3個 星2個
特徴 最先端の顧客サービス AIを活用した新しい審査 多彩な商品ラインナップ WEB完結条件が厳しい

金利は高いかもしれませんが、一番安心して、借りやすく、早く現金を手にすることができるのはカードローンしかないのです。

カードローンの郵便局留めは対応してくれません!

親や配偶者と同居している人にとって、カードローン会社からの郵送物は最も心配することです。内緒でお金を借りているため、郵便物を見られたらとことん詰められます(笑)

そのため、自宅へ郵送はせずに、郵便局留めを希望する人が多くいますが、カードローン会社は郵便局留めには応じてくれません。

郵便局留めとは、受け取りたい郵便局の窓口で郵便物を受け取ることができるサービスで、特に手続きは必要なく、受取の料金等も必要ありません。ただ郵送する側が、郵送先郵便番号と〇〇郵便局留めと書いて送るだけで済みます。

カードローン会社がこれを認めない理由は、カード等を自宅に郵送するのは本当に自宅に住んでいるかの在宅確認も兼ねているからです。
また、郵便局留めを認めてしまえば、第三者に成りすましての詐欺申込に利用される可能性もあります。

大手カードローン会社では、まず郵便局留めはやってくれませんが、もしかしたら中小の消費者金融であれば局留めで郵送してくれるケースもあるかもしれません。事前に電話で郵便局留めで発送が可能か、確認すると教えてくれます。

お金を借りる審査時間ってどれぐらいかかるの?早く結果を知るコツは?

カードローンでお金を借りる場合、申し込んだらすぐに結果が出て借入ができるわけではありません。

カードローンによって審査にかかる時間は違いますし、業者によっては最短30分で結果が出るところもあれば、1週間以上待たせる業者もあります。

カードローンに申し込む理由は人それぞれですが、急ぎでお金が必要という理由の方は多いのではないでしょうか?

そんな方からしてみれば、審査時間は非常に気になるところ。いち早く審査を終わらせて結果を知りたいところでしょう。

そこで、カードローンの審査時間について俺的に解説していきたいと思います。

カードローンの種類は大きく分けて消費者金融と銀行カードローンの2種類となります。

実際、このどちらで借り入れしようかと悩む方が多いです。そこで、ここでは消費者金融と銀行カードローンの審査時間を比較します。

大手消費者金融カードローンの審査時間分

消費者金融にも様々な業者がありますが、ここではもっとも審査が早い大手に絞ってご紹介します。

審査時間と融資時間は以下のとおりです。

カードローン 審査時間 融資時間
プロミス 最短30分 最短1時間
アイフル 最短30分 最短1時間
アコム 最短30分 最短即日
SMBCモビット 最短30分 最短即日

大手消費者金融の審査にかかる時間は最短30分です。申込み完了の30分後には借入可能かどうかがわかるということで、この速さは業界トップクラスと言えます。

スマホやパソコンをつかってWEBで申し込みすれば、より早く手続き完了できるのでその分審査結果も早く知ることができます。

しかも、大手消費者金融では口座開設不要だから余計な手続きに時間を取られることもありません。

融資時間は最短即日で、プロミスは最短1時間でお金を借りることも可能としています。

大手消費者金融は銀行振込による即日融資にも対応しており来店しなくてもお金を借りることができます。借り入れするための手間もかからないのが大手消費者金融の魅力と言えます。

お金を借りる審査で最も早いのはレイクALSA?

先ほど大手消費者金融の審査時間を紹介しましたが、お金を借りる審査で最も審査が早いと言われているのが、レイクALSAです。

レイクALSAは申込完了画面に最短15秒で審査結果が表示されます。

プロミスもアコムも、審査時間はどんなに早くても30分はかかりますが、レイクALSAは申込完了してから最短で15秒で結果が表示されるので、他のカードローンのように審査結果の連絡を待つ必要もありません。

どうしてこんなにレイクALSAの審査は早いのか?

レイクALSAの申込完了画面から最短15秒で結果表示は、仮審査結果になります。そのため、実際には信用情報機関に照会をしていないのです。

仮にJICCやCICの認定信用情報機関に申込者の信用情報を照会した場合、確かに数秒で信用情報の照会は可能ですが、それを人間が見る時間(事故情報や延滞などが無いか)を考えれば15秒で本審査結果を表示するのは無理な事です。

最短15秒の審査は仮審査結果になりますので、その後信用情報や在籍確認に問題があれば結果は変わってきます。

入力情報に間違いがあったり、勤務先の在籍確認が取れない場合は、融資可能となっていても、断られる場合があります。

しかしながら、レイクALSAは仮審査にAIを導入しており、申告内容(年収や勤続年数、借入件数等)に相違が無ければ、仮審査結果はある程度高い信頼性があると言われています。

このことから、申込後にすぐに審査結果を知りたい!と思っている人はレイクALSAに申込するこをおすすめします。

銀行カードローンの審査時間はどれくらい?

続いて、銀行カードローンの審査時間です。

銀行カードローンでは審査時間を公表していないところが多いので、実際に各銀行に問い合わせておおよその目安を教えてもらいました。

銀行カードローン 審査時間 融資時間
三菱UFJ銀行 最短翌日 最短翌日
三井住友銀行 ※最短翌営業日 ※最短翌営業日
みずほ銀行 最短翌日 最短翌日
楽天銀行 最短翌日 最短翌日
オリックス銀行 数日 最短5日
住信SBIネット銀行 1週間前後 2週間前後※三井住友銀行カードローンは、申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もあります。
銀行カードローンは2018年1月より審査基準が大きく変更され即日融資はできなくなりました。
(参考サイト:銀行、個人向け即日融資停止へ カードローン縮小│日本経済新聞)

更に審査の仕組みもかわり、警察庁のデータベースに照会をかけて申し込み者が反社会勢力に関与しているかどうか確認しなければいけません。

この照会の結果がでるのに最低1営業日は要するため、銀行カードローンはどんなに早くても翌営業日以降でないと審査結果を出すことができないのです。

このような事情があり、銀行カードローンでは即日融資ができません。

しかし、消費者金融は下記の通り、大手であれば土日祝日でも自分の銀行口座に即日融資が可能となっています。

今は消費者金融の方が圧倒的に便利な世の中なのです。

銀行カードローンは口座の有無でも審査時間が変わってくる

銀行カードローンに申し込む場合、その銀行の口座を持っているかどうかでも審査にかかる時間は変わってきます。

銀行カードローンの場合、利用するためにはその銀行の口座を必要としているところが多いです。口座を持っていない場合、カードローンの申込みと一緒に口座開設の手続きをします。

銀行口座を持っていれば借り入れまで時間はかかりませんが、口座がない場合は口座開設が必要となり銀行によっては申込み完了後2週間以上かかってしまうケースもあります。

銀行カードローンで早く借り入れしたい場合は、口座開設不要の銀行カードローンを選ぶのがいいでしょう。

銀行カードローン 普通預金口座開設必要・不要
みずほ銀行カードローン 必要
りそな銀行カードローン 必要
イオン銀行カードローン 必要
楽天銀行のカードローン 不要
三菱UFJ銀行カードローン 不要(あった方が便利)
ソニー銀行カードローン 必要
三井住友銀行カードローン 不要
住信SBIネット銀行 必要
オリックス銀行カードローン 不要
※三菱UFJ銀行と三井住友銀行は、口座なしで申込した場合カードを使ってATMからの借入になります。振込融資は不可。

銀行口座開設不要で選ぶなら楽天銀行とオリックス銀行がおすすめ!

口座開設不要(他行の銀行口座でOK)でおすすめの銀行カードローンは、オリックス銀行カードローンと、楽天銀行のカードローンになります。

どちらも他行の銀行口座で借入ができるので、口座を持っていなくても安心です。

楽天銀行のカードローンの方がオリックス銀行に比べると最高金利は低いですが、オリックス銀行は提携ATM手数料が終日無料になっているのが特徴です。

そのため、よくコンビニや最寄りの金融機関ATMから借入や返済をしている人は、オリックス銀行も合うと思います。

実際、楽天銀行の上限金利14.5%と、オリックス銀行の上限金利17.8%は、かなり開きがあるように感じますが、提携ATM手数料が有料の場合、1万円以下で110円、1万円超で220円もの手数料が取られます。

これは金利に換算すると、楽天銀行とオリックス銀行の金利差よりも、遥かに高い金利になるのです。

オリックス銀行カードローンは提携ATM台数もカードローンでトップクラスに多く、提携しているATM全てがいつでも無料のため、借入と返済を提携ATMで繰り返している人は、楽天銀行よりもオリックス銀行にしておいた方が良いでしょう。

最短30分審査!?カードローン審査が早い理由とは

カードローンの審査は大手消費者金融なら最短30分、銀行カードローンなら最短翌営業日と他のローンに比べて早いです。

これだけ審査が早いと「適当に審査している」と思いがちですが、審査が早いのは仕組みができあがっているからです。決していい加減な審査をしているわけではありません。

仮審査はコンピュータが自動的に行う

カードローンの審査は、仮審査と本審査の2段階構成となっており、仮審査はコンピュータが自動審査しており、本審査は人の手による手動審査です。

自動審査は、各項目を点数化していき、合計点数が基準値をクリアしていれば合格、クリアできていなければ不合格というシステムです。

各項目の点数付けは基準をあらかじめ決めているので、結果が出るのが非常に早いです。

本審査は、申込み内容の確認作業がメインです。本人確認書類と収入証明書から申込内容に間違いがないか確認します。

確認がメインとなるため、仮審査をクリアできていれば本審査で落とされることはまずありませんし、それほど時間を要することもありません。

スピード審査の秘訣は、仮審査をコンピュータによる自動審査が行われていることにあると言っても過言ではありません。

土日祝日でもカードローン審査の時間は変わらない!?在籍確認次第で変わることも
大手消費者金融のカードローンは土日祝日も審査可能で、審査にかかる時間も平日と基本的に変わらず最短30分です。

ただし、土日祝日の審査の場合、在籍確認が原因で審査時間が長くなってしまう恐れがあります。

在籍確認は勤務先へ電話連絡が基本となります。そのため、電話で連絡が取れない場合は翌日以降に持ち越しとなります。土日休みの会社も多いため、その場合、電話で在籍確認ができないので審査は翌営業日に回されてしまいます。

土日祝日の在籍確認は書類で対応してもらえば問題なし

自分が勤める会社は土日休みで電話連絡が取れないという場合は、書類による在籍確認ができないか相談してみるといいでしょう。

健康保険証
社名が記載された給与明細書
社員証

このように在籍を証明できる書類を提出することで在籍確認OKとするカードローン会社もあります。
電話以外の方法で在籍確認に応じてくれる可能性があるのは「アコム」「プロミス」「アイフル」「SMBCモビット」「レイクALSA」の5社です。

カードローン申込み完了後には内容確認のために本人の携帯電話にかかってくるので、このときに書類で在籍確認できないか相談してみましょう。

こちらから何も言わないと、電話で在籍確認となってしまいますので気をつけてください。

ちなみに銀行カードローンで書類による在籍確認してくれるところはありません。どの銀行も在籍確認は必ず電話とされています。

カードローン審査の結果を早く知るコツ

カードローンの審査はちょっとした工夫でより早く結果を知ることも可能です。

ここでは、カードローン審査の結果を早く知るコツをご紹介します。

審査結果を早く知るコツは次の5つ。
1. 早い時間帯に申し込む
2. 在籍確認に対応できる状態にしておく
3. 希望限度額は必要最小限にする
4. 1社ずつ申し込む
5. 審査担当者に「急いでいる」と伝える

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.早い時間帯に申し込む

カードローンは申し込み順に審査が行われます。そのため、できる限り早い時間帯に申込むことが、審査結果を早く知るコツでもあります。

ネット申込は24時間受け付けているので、前日の夜中に申込みしておけば翌日の午前中には審査結果がでている可能性が高いです。
1番早いのは店頭窓口か自動契約機で申込すること
カードローンの審査は申込順に行われていますが、店頭窓口または自動契約機に来店すれば当然ながら優先的に先に審査をしてくれます。

WEBからの申込であれば、混んでいる月末などは時間がかかってしまいますが、来店すればネットの混み具合は関係ありません。

一刻でも早く審査結果を知りたい人は、来店して申込することが最も早い方法となります(来店するのに距離があって時間がかかるなら、あまりおすすめできません)。

2.在籍確認に対応できる状態にしておく

在籍確認は審査の最終段階で行われます。

しかし、在籍確認をクリアできないと審査はそこでストップとなってしまい、長引いてしまいます。

在籍確認は本人がでられなくても問題なく、たとえば同僚が「〇〇は只今、席を外しております」など働いていることが確認できれば在籍確認は完了します。

中には個人情報保護が厳しく、在籍確認に応じないところもあるので、あらかじめカードローン会社に書類で在籍確認できないか相談しておくと良いでしょう。

また、申込み完了後は本人確認のために携帯電話にかかってきます。

この確認も完了しないと審査を進められませんので、申込み完了後はいつでも電話に出られる状態にしておきましょう。

電話連絡が不安ならSMBCモビットがおすすめ

SMBCモビットにはWEB完結申込という申込み方法があります。これは、申込み手続きが全てWEBとメールで完結できる方法です。

電話連絡は一切ありませんので、たとえ電話に出られない状態でも素早くカードローン契約することが可能です。

WEB完結には条件がありますが、電話連絡が不安な方はSMBCモビットの申込みを検討するといいでしょう。

SMBCモビット公式サイトはこちら>>

3.希望限度額は必要最小限にする

消費者金融カードローンの借入可能額は年収3分の1までとなります。

年収300万円なら最高で100万円まで、年収450万円なら最高150万円まで借入可能ということです。

とは言え、年収3分の1までなら希望する額を必ず貸してくれるわけではありませんし、希望限度額が高くなるほど審査は慎重になるためその分、時間がかかります。

審査を早めたいなら希望限度額は必要最小限にしておくことをおすすめします。目安は10万~20万円です。

4.1社ずつ申し込む

短期間にいくつものカードローンに申し込みする行為を「申し込みブラック」といいます。

申込ブラックとは、同日に複数社のカードローンに申込をし、信用情報の申込件数が多くなることで不審に思われ、審査落ちすることを言います。

具体的に、同日5件以上のカードローン申込は、確実に申込ブラックになる可能性が高くなります。

申し込みブラックは審査に時間がかかるだけでなく、最悪の場合それが原因で審査落ちになることもあります。
申し込みブラックは「お金に困っている」「借り逃げするかもしれない」などと疑いの目で見られてしまい、審査に時間を要してしまいます。

申込みは1社ずつ行うようにしましょう。

5.審査担当者に「急いでいる」と伝える

カードローンは基本的に申込順で審査されますが、審査担当者に「急いでいる」と伝えることで優先的に審査してくれることがあります。

特に大手消費者金融はこのあたり柔軟に対応してくれるので、申込み完了後にフリーダイヤルに電話して優先的に審査してもらうようにお願いしてみましょう。

カードローン審査を早く終わらせるために注意すべきこと

カードローン審査の結果を早く知るために注意すべきことは2つ。

虚偽申告をしない!記入ミスもNG
本人確認書類の記載住所に注意
虚偽申告をしない!記入ミスもNG

虚偽申告は審査落ちの原因になりますし、審査に時間がかかってしまいます。

申込み内容と事実が異なると、審査担当者から確認されるのでその分時間ロスとなるので、申し込み書の記入は正直に行いましょう。

また、記入ミスでも担当者から確認を取られるので注意しましょう。最悪の場合、虚偽の申告とみなされることもありますので、申し込み書の記入内容は必ず見直すようにしてください。

審査落ちor審査が遅くなる重要な箇所

生年月日
住所
会社名
年収
携帯電話番号
勤務先電話番号

携帯・勤務先電話番号の記入ミスは審査落ちに直結?

最も審査落ちに直結するのは、携帯電話番号と勤務先電話番号の入力ミスです。

なぜなら携帯電話はカードローン会社が顧客と連絡を取る1番の方法のため、その番号が入力ミスで使われていなかったり、別人が出た時点で、連絡を取ることが難しくなります。

また、勤務先電話番号の入力ミスは在籍確認が取れなくなるので、審査担当者が番号間違いと気づかなければ審査落ちとなってしまいます。

年収の虚偽申告はバレる?嘘の年収を申告するのはやめましょう

カードローンは2010年から総量規制が導入されていますので、貸金業者(消費者金融・信販・クレジット会社)が貸付しているカードローンは原則年収の3分の1までしか融資ができません。

そのため、申込時に自分の年収を嘘をついて多く申告する人がいますが、年収の虚偽申告はカードローン会社にほぼバレます。

カードローン会社は過去に申込があった人や現在取引中、過去に取引があった人の膨大なデータを保存しています。

【帳簿の保存義務は10年間】
貸金業法第19条では、貸付契約ごとの最終の返済期日(債権が消滅した時は消滅日)から少なくとも10年間は業務の帳簿を保存する必要があると定められています。

しかし、この帳簿の保存義務は契約年月日や、貸付金額、返済日や金額など契約に関わる情報であり、顧客の勤務先や年収などのデータの事ではありません。

しかしながら、ある程度の顧客データも一緒に保存しなければ、どのような顧客(債務者)か判別できないため、氏名・生年月日・住所・勤務先・電話番号等の最低限の情報は保存しています。

会社によってはさらに詳しく年収や勤続年数など入力時のデータをそのまま10年間保存している場合も考えられます。

カードローン会社は過去のデータによって、年齢・会社規模・役職・勤続年数・独身か既婚の情報である程度の年収が分かっているのです。

例えば、公務員で35歳、勤続11年、役職係長、配偶者子有りの男性の年収は平均どれくらいか把握しているため、仮に年収を100万~150万円多く申告すれば、審査担当者から収入証明書の提出を求められる可能性が高くなります。

本当の年収を申告すれば、収入証明書の提出は必要なかったのにもかかわらず、嘘をついたことによって提出が必要となるケースはよくある話です。

このように嘘の年収はほぼ、カードローン会社にバレます。虚偽申告だと判明した時点で高確率で審査落ちになるので正直に申告した方が良いでしょう。

本人確認書類の記載住所に注意

カードローン審査には本人確認書類が必ず必要です。

最近引っ越ししたという方は、本人確認書類の記載住所が現住所と同じになっているか確認しましょう。もし、記載住所が異なると現住所が確認できる書類を別に用意しなければいけません。

余計な手間と時間がかかり、手続きをスムーズに進められなくなってしまいます。住所が変わった場合は速やかに住所変更手続きを済ませておきましょう。

住所変更手続きは、住民票を新しい住所に変更後に、運転免許試験場・運転免許更新センターまたは、警察署で手続きができます。(参考サイト:記載事項変更│警視庁)

必要なものは、免許証と引っ越し先の住所が確認できる物(新しい住民票、消印付郵便物、住所が確認できる公共料金の領収証など)です。
住んでいる住所と免許証住所が違う場合はどうなる?
現住所に住所変更手続きをしていない(免許証住所と現住所が違う)場合は、カードローンの審査で現住所に住んでいる証明が必要となります。

証明になるものは、現住所の住民票または、現住所の公共料金の領収証、納税証明書になります。

これらが審査時に用意できない場合、審査結果は保留となり、提出後に審査が再開となります。

運転免許証の住所変更をしていない人は、変更後に申込するか、現住所に住んでいる証明書を用意しておいてください。

おまとめローンや借り換えローンでお金を借りることは難しいの?

ある一定の借入件数(2件~3件)になってくると、どうしても支払いが苦しくなってきます。

仮に50万円を消費者金融3社から金利18.0%で借りていた場合、30日間の利息だけで22,191円になります。

50万円借りた場合の最低返済金額が14,000~15,000円なので、3社で毎月45,000円の返済をすることになります。

仮に45,000円返済しても利息があるので、元金に充当される金額は半分程度です。

こうなると、精神的にもきつくなってきます。

俺は最高10社まで借りたことがありますが、それは同時に10社ではなく、今まで借りた業者が10社と言う意味です。

総量規制がある今は、同時に10社借りることなど、ほぼ不可能です。

俺がMAXで同時に借りていた件数は4件だったと思います。

その時は返済もかなり厳しくて、正直債務整理も考えました。それと同じぐらい考えたのは、おまとめローンでした。

おまとめローンとは?借り換えローンとの違いとは?

おまとめローンとは、その名の通り、ローンを一本にまとめて返済することです。

おまとめローンという名前は何回か聞いたことがあるかもしれませんが、実際におまとめローン専用商品がある業者は意外に少ないのです。

商品名 金利 限度額
東京スター銀行おまとめローン 年12.5% 最大1,000万
アコム貸金業法に基づく借り換え専用ローン 年7.7%~18.0% 最大300万
アイフルかりかえMAX 年3.0%~17.5% 最大800万
プロミスおまとめローン 年6.3%~17.8% 最大300万
オリックスVIPフリーローン 年3.0%~14.5% 最大800万
第三銀行おまとめローン 年9.8%
年12.8%
年14.8%のどれか 最大500万

上記はおまとめローン専用商品を出している業者になりますが、全国対応している銀行でおまとめローンをしているのは、東京スター銀行だけです。

第三銀行などの地銀でも、おまとめローン専用商品は多くありますが、申込み条件にその銀行の営業区域内に住所または勤務先があるのが条件になっています。

また、消費者金融のおまとめローンはプロミス・アコム・アイフルが出していますが、消費者金融のおまとめローンは、返済専用になり、契約後の限度額内での借入は原則できません。

仮に200万円借りた場合、完済するまで毎月分割で返済し続けるローンになります。

そのため、今まで限度額内で繰り返し借入・返済をしてきた人は、返済専用ローンに耐え切れず、途中で他社から借入をしてしまう人も多いです。

おまとめローンの途中で他社から借入をすると、多くのおまとめローンは契約違反になってしまいます。

分割での返済ができなくなることがありますので、借入前に契約内容をしっかりと確認することが重要です。

おまとめローンと借り換えローンは同じ意味?

おまとめローンと借り換えローンは、ほぼ同じ意味です。複数社の借入をまとめるローンをおまとめローンと呼んでいますが、他社の融資で借り換えることになるので、借り換えローンと言っても間違いではありません。

一般的に、1社の借り換えを借り換えローンと呼ぶ人が多いですが、おまとめローンも借り換えローンも借り換えすることには変わりないので、そこまで違いは無いと思って大丈夫です。

おまとめローンと一般的なカードローンはどっちが審査に通りやすいのか?

おまとめローンは一般的な使途自由なカードローンとは違い、審査は厳しくなります。通常のカードローンは仮に30万円を融資するのであれば、30万円分だけの返済能力・清算能力を審査しますが、おまとめローンは金額が高額になることが多く、それだけの返済能力を見極めることになり、当然審査は厳しくなります。

先ほども説明しましたが、おまとめローン専用のローンは消費者金融と一部の銀行しか取り扱っておりません。

銀行カードローンでおまとめローンを希望する人が多いのですが、銀行カードローンは事業性資金以外であれば原則使途は自由なため、おまとめローンとして利用してもOKになっているだけで、決しておまとめ専用のローンではありません。

そのため、銀行カードローンでおまとめをした後に他社借入をしようが、何も言われることはありません。

おまとめローンの落とし穴!安易におまとめすると危険?

多重債務者になってくると、誰しもがおまとめして低金利一本化にしたいと思うはずです。

しかし、おまとめローンは非常に危険なローンとも言われており、安易な気持ちで高額なローンを組むと、逆に返済不能になり自己破産してしまう人が多くいます。

ここで言うおまとめローンとは、消費者金融等のおまとめ専用ローンでも、銀行のフリーローンをおまとめとして利用した場合の両方を指しています。

なぜおまとめローンが危険なのか?それは、おまとめローンは今ある債務の返済をさらに長期化にすることで、毎月の返済金額を減らし、余裕をもって借金を返していくローンであり、それだけ返済期間が長く、総返済額も増える場合があるからです。

また、一般的に5年以上の返済回数となる場合が多く、5年間で失業や病気などの環境変化が起きる可能性があります。

そして一番の問題は、今まで借金慣れした債務者がおまとめした場合、返済一辺倒に耐えられずに、おまとめ後に新たに他社から借入してしまうことです。

おまとめローンをした後に、他社から借りてしまえば借金はさらに膨れ上がり、綿密に計画した返済案をぶち壊してしまい、一気に返済不能になってしまうのです。

これこそがおまとめローンの一番の危険性と言われる部分です。

くれぐれもおまとめローンは長い返済になり、その間一度も借金をしない強い意志が必要となってきます。

安易な気持ちでやってしまえば、さらに借金が増え、債務整理をすることになってしまうので、充分に気を付けましょう。

お金を借りるのに審査甘い・通りやすいところはあるのか?審査に通るコツとは?

すべてのカードローンには審査があります。

このため、審査に通過しないとお金を借入できません。

そうした事から、「審査が甘いカードローンはないの?」と、審査に通りやすいカードローンを探している人も多いようです。

そこで俺の経験から、審査が甘いカードローンはあるか?というテーマで解説してみます。

また、業態別にカードローン審査のコツもお伝えしていますので、申込前の参考にしてみてください。

カードローンにはどんな種類がある?審査が一番甘いところは?

まずは、カードローンにはどんな種類があるのか確認しておきましょう。

カードローンは、以下のような金融機関が提供するものが代表的です。
消費者金融
銀行
信販会社
信用金庫
労働金庫

とくにメジャーなのは、消費者金融と銀行が提供するものではないでしょうか。

この2つはTVCMもよく流れていますので、ご存知の人も多いかと思います。

では、こうしたカードローンの中でもっとも審査が甘いのはどこなのでしょう?

審査が甘いカードローンはありません!

結論から言って、審査が甘いカードローンはありません。

カードローンは融資であり、申込者の信用で貸すため、どの金融機関も審査はしっかりとおこなわれます。

そうしないと返済能力の低い人に融資してしまい、貸倒れや延滞などの危険が高まるからです。

貸金業法では融資の際には必ず指定信用情報機関の信用情報を照会することが義務付けられています。

【貸金業法第13条 返済能力の調査】
貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。
2.貸金業者が個人である顧客等と貸付けの契約(極度方式貸付けに係る契約その他の内閣府令で定める貸付けの契約を除く。)を締結しようとする場合には、前項の規定による調査を行うに際し、指定信用情報機関が保有する信用情報を使用しなければならない。
(引用元:貸金業法

このため、貸金業者になるには指定信用情報機関に加盟しなければならないのですが、あくまでこれは正規の金融業者の話です。

闇金は法を無視してお金を貸していますので、信用情報など関係ありません。

「誰にでもお金を貸します!」や「ブラックの人でも融資可能!」などの表現は貸金業法で禁止されていますので、そのような表現がある業者は闇金だと思った方が良いでしょう。

【貸金業法第16条 誇大広告の禁止】
貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、貸付けの利率その他の貸付けの条件について、著しく事実に相違する表示若しくは説明をし、又は実際のものよりも著しく有利であると人を誤認させるような表示若しくは説明をしてはならない。
2.前項に定めるもののほか、貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、次に掲げる表示又は説明をしてはならない。

資金需要者等を誘引することを目的とした特定の商品を当該貸金業者の中心的な商品であると誤解させるような表示又は説明
他の貸金業者の利用者又は返済能力がない者を対象として勧誘する旨の表示又は説明
借入れが容易であることを過度に強調することにより、資金需要者等の借入意欲をそそるような表示又は説明
公的な年金、手当等の受給者の借入意欲をそそるような表示又は説明
貸付けの利率以外の利率を貸付けの利率と誤解させるような表示又は説明
前各号に掲げるもののほか、資金需要者等の利益の保護に欠けるおそれがある表示又は説明として内閣府令で定めるもの
(引用元:貸金業法

このため、審査が甘いカードローンはないと思っておきましょう。

ただし、審査のハードルが低めなカードローンであれば存在します。

そこで次章からは、そうしたカードローンはどれなのかや審査のコツをお伝えしていきます。

消費者金融と信販会社の審査はハードルが低めです

カードローンの中でも、消費者金融と信販会社の審査はハードルが低めです。

その理由は以下の2つとなります。
申込条件がやさしい
上限金利が高い
申込条件がやさしい
消費者金融と信販会社のカードローンの申込条件は、非常にやさしいです。

この2つの申込条件は、「20歳以上で安定収入があり返済能力のある方」というくらいであるケースがほとんどで、とても申し込みの敷居が低いです。

一般的に申込条件のやさしいカードローンほど、審査の難易度も低めとなっています。

申し込みしやすくすることで、多くの人に融資をしようとする傾向があるからです。

上限金利が高い

消費者金融と信販会社のカードローンは上限金利が高いです。

たとえば、大手消費者金融の金利は以下のように、年18.0で横並びとなっています。(プロミスのみ年17.8%ですがほぼ差がありません)

カードローン名 上限金利
アコム 年18.0%
アイフル 年18.0%
SMBCモビット 年18.0%
レイクALSA 年18.0%
プロミス 年17.8%
信販会社も似たような傾向で、上限金利が年18.0というカードローンが多いです。

年18.0という上限金利は、ローンの中でもトップクラスの高金利ですが、しかし、その分だけ審査の難易度も下がるんですね。

なぜなら、上限金利が高いほど高金利で貸し出せる可能性が上がり、利息収入も増えるため、借り手が返済不能になった場合の損失をおさえることができるからです。

このため、審査のハードルを下げて多くの人に融資しようとする傾向があります。

消費者金融・信販会社のカードローンの審査に通るコツ

消費者金融と信販会社のカードローンの審査に通るコツは、「総量規制」に注意しておくことです。

この2つは貸金業者であるため、総量規制の対象になります。

よって、年収の1/3までしか借入できません。

ちなみに、年収の1/3というのは他の貸金業者からの借入と合計しです。

そのため、他の貸金業者からの借入が年収の1/3以上ある場合は、確実に審査落ちとなってしまいます。

また、それに近い場合も審査落ちの可能性が高まるため注意が必要です。

銀行・信用金庫・労働金庫のカードローンは審査が厳しめ!
ろうきんマイプランの金利※上記画像は、カードローン(マイプラン)│中央労働金庫の中の画像です。

銀行・信用金庫・労働金庫のカードローンは、消費者金融や信販会社と比べると審査がかなり厳しめです。

大手消費者金融と比べてどれほど厳しいのかと言えば、プロミス・アコム・アイフルなどの消費者金融大手の審査通過率(新規貸付率)は約41~46%程度あります(月によって変動します)。
公表している消費者金融成約率
SMBCコンシューマーファイナンス月次データ
アコムマンスリーレポート
アイフル月次データ

しかし、銀行カードローンの審査通過率は公表されていないため、あくまで予想ですが、20%程度と言われています。
上限金利が低い信用金庫やろうきんのカードローンになれば審査通過率は10%~15%程度ではないでしょうか?

また、消費者金融と銀行では求めているターゲット層が明らかに違います。

消費者金融は若年層(20代)でも積極的に貸付を行っていますが、銀行は20代前半の層には、ほぼ融資を行っていません。

銀行がターゲットにしている年齢層は30代後半~50代前半のゾーンになるのです。

このため、いくら借金が少なくても年齢が20代前半になると銀行カードローンの審査は通りずらいのが現実なのです。

その理由は、消費者金融や信販会社よりも「上限金利」が低い傾向にあるからです。

先に解説したとおり、カードローンの審査難易度は上限金利が高くなるほど、下がる傾向が強いです。

しかし、銀行・信用金庫・労働金庫のカードローンは次のように、消費者金融や信販会社よりも上限金利が低いケースが多いです。

カードローン名 上限金利
三井住友銀行カードローン 年14.5%
みずほ銀行カードローン 年14.0%
三菱UFJ銀行カードローン 年14.6%
川崎信用金庫カードローン 年14.6%(限度額30万・50万円)
年13.9%(限度額100万円)
中央労働金庫カードローン
(マイプラン) 年8.475%
このため、審査の難易度も消費者金融や信販会社よりも、高くなっている傾向があるんですね。

銀行・信用金庫・労働金庫のカードローンの審査に通るコツ

銀行・信用金庫・労働金庫のカードローンの審査に通過したいなら、以下の3つがポイントになります。
申込条件がやさしい
上限金利が低すぎない
保証会社を確認しておく
申込条件がやさしい
申込条件はできる限りやさしいほうが良いです。

先述したとおり、申込条件がやさしいカードローンほど、審査のハードルも下がる可能性が高いからです。

銀行・信用金庫・労働金庫のカードローンの場合、年収や勤続年数、職業の制限などがあるケースがあります。

こうしたカードローンは審査の難易度も高くなる傾向があるため、避けるのがおすすめです。

上限金利が低すぎない

上限金利が低すぎないというのもポイントです。

銀行・信用金庫・労働金庫のカードローンの中には、かなりの低金利で借入できる商品も存在します。

しかし、上限金利が低くなるほど、審査難易度が上がるため、あまりおすすめできません。

保証会社を確認しておく

過去に消費者金融や信販会社のカードローンで審査落ちになった人は、保証会社を確認しておくのも重要です。

銀行・信用金庫・労働金庫のカードローンの場合、バックに保証会社がついているのが基本です。

保証会社とは、保証人の代用のようなものとなります。

カードローンは無担保・保証人不要で借入できますが、それは保証会社の存在があるからです。(消費者金融や信販会社は別)

お金を借りた人が返済不能になっても、保証会社が代わりに支払ってくれるため、銀行などは無担保・保証人不要で融資できるのです。

保証会社は消費者金融や信販会社が多い

銀行・信用金庫・労働金庫のカードローンの保証会社は、消費者金融や信販会社であるケースが多いです。

そして、保証会社がついているカードローンは、保証会社が中心に審査をおこないます。

このため、消費者金融や信販会社が審査をすると思ってよいです。

そうした事から、消費者金融や信販会社のカードローンで審査落ちになった経験のある人は、申込先によっては同じ会社で審査を受ける羽目になることもあります。

審査の基準は商品ごとに違いますが、その審査方法は同じである可能性が高いです。

よって、一度審査落ちになったところで、再び審査を受けるのは得策ではありません。

消費者金融や信販会社よりも審査難易度が高い傾向にある、銀行や信用金庫、労働金庫ならなおさらです。

銀行カードローン 保証会社
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック アコム(株)
みずほ銀行カードローン (株)オリエントコーポレーション
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(株)
イオン銀行カードローン イオンクレジットサービス(株)
オリックス・クレジット(株)
りそな銀行カードローン オリックス・クレジット(株)
新生銀行スマートカードローンプラス 新生フィナンシャル(株)
ソニー銀行カードローン アコム(株)
楽天銀行スーパーローン 楽天カード(株)、(株)セディナ
住信SBIネット銀行Mr.カードローン オリックス・クレジット(株)、(株)ジェーシービー
じぶん銀行カードローン アコム(株)
セブン銀行カードローン アコム(株)

給料ファクタリングって何?お金を借りても大丈夫なの?

新しいお金を借りる方法として今話題になっているのが、給料ファクタリング業者です。

給料ファクタリングとは、自分が会社から支払われる給料(債権)をファクタリング業者に額面より安く売ることで現金を入手、給料が入ったら額面通りの現金を支払って債権を買い戻す仕組みです。

一見新しいサービスに思えますが、利用するのはやめておいた方が良いでしょう。

その一番大きな理由は、給料ファクタリング会社は貸金業者ではありませんので貸金業法が適用されません。

貸金業法はお金の貸し借りで、昔からのトラブルなどを組込み続け非常に厳しい法律になっています。

貸金業法があることで資金需要者の人は大きく守られているのです。

しかし、給料ファクタリング業者は貸金業法が適用されませんので、例えば夜中の2時や朝6時などに自宅に取り立て行っても罰せられないのです。

貸金業法では正当な理由がない限り、夜21時から朝8時までの取り立てを禁止しています。これは昔サラ金の取り立てが社会問題になったことで一定の時間は取立てが禁止になった経緯があるのです。

また、債権(給料)を安く業者に売り、その後額面通りで買い戻す構図ですが、実質的には安くした分を利子にして業者からお金を借りているのと同じで、年利換算で1千%近くに及ぶケースもあるとのこと。
(参考サイト:給料ファクタリング「ヤミ金の再来」被害急増、裁判も│朝日新聞デジタル-2020年2月13日記事)

上記の朝日新聞デジタルによると、

2020年1月21日、都内の給料ファクタリング業者が不払いの利用者を訴えた民事裁判があり、業態の違法性が浮かび上がった。
(中略)
企業向けのファクタリング業者らで作る「日本ファクタリング業協会」には、昨年5月ごろから個人からの被害相談が入り始めた。「真夜中に自宅に取り立てが来た」「勤務先にまで電話がかかってきた」「携帯電話の電池がなくなるまで着信が続いた」……。相談件数は10月までに約200件にのぼり、その後も1日に3~5件はある。

業者側は給料ファクタリングは貸金ではなく債権の売買だと主張するが、この問題に詳しい山川幸生弁護士(東京弁護士会)は「ヤミ金の再来だ」と話す。ヤミ金への規制が厳しくなり、抜け道としてファクタリングに目をつけた可能性があると指摘する。貸金だとすれば貸金業法や出資法などに抵触するといい、「まずは金融庁がはっきりと見解を示してほしい」と話す。
(引用元:給料ファクタリング「ヤミ金の再来」被害急増、裁判も│朝日新聞デジタル)

このニュースを見ると、不払いの利用者に民事訴訟までしているため、給料ファクタリング業者自身は違法性が無いと思っているようです。

しかし、労働基準法では給料は雇用主が労働者に直接支払うと定めており、第三者である業者に支払うことはできないとされている。

それにも関わらず業者は給料債権を譲り受け、譲り受けた通知も会社には出していません。

裁判長は「借りたものを返せといっているのと同じでは」「債務者は(給料を支払う)会社でしょう」「合法かどうかには関心がないんですか」などとたたみかけたとのこと。

これらのことから、今後金融庁が指針を示す可能性があり、給料ファクタリング業者を認めないことも考えられます。

給料ファクタリング業者は審査が無いのでブラックでも借りれる?

給料ファクタリング業者のHPを見ると、「審査なしで融資可能!」「ブラックでお金かが借りれない人でもOK!」「総量規制オーバーの人でも大丈夫」などの文言が書かれています。

これらは貸金業者であれば貸金業法第16条の誇大広告で一発アウトです。

しかしながら、先ほども言ったように給料ファクタリング業者は貸金業者ではないので貸金業法対象外になっています。

年収の3分の1までしか貸付を禁止とした総量規制も給料ファクタリング業者は対象外になります。

規制する法律がないため、ヤミ金と同じことをしてもすり抜けられるのです。

審査なしやブラックでも借りれるなどの文言でお金を融資している業者は間違いなく普通ではありません。

給料ファクタリング業者からお金を借りるのはやめておいた方が安全です。

【すべてのカードローン共通】審査に通過するためのポイント5つ!

カードローンの審査に通るために知っておくべきことは、先に解説したもの以外にもまだあります。

以下の5つは、すべてのカードローンに共通ですので、申込前にしっかりと確認しておいてください。
申込条件を確認しておく
安定した収入源を持つ
クレカやローンの返済期日は守る
他社の借入額と件数は少なめに
信用情報に事故情報がないこと
申込条件を確認しておく

まずは、申込条件を確認しておきましょう。申込条件をすべて満たさないと100%審査に通りません。

注意点として、消費者金融と銀行カードローンでは若干申込条件が違っています。

消費者金融は専業主婦申込対象外に対して、一部の銀行カードローンは専業主婦でも申込可としています。

また消費者金融は20歳以上の学生は申込可能ですが、銀行カードローンでは学生は申込不可にしているところもあります。

必ずしも消費者金融の申込条件を満たしているからと言って、銀行カードローンの申込条件も満たしている訳ではないのです。

プロミスの申込条件
年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。
(参考元:新規お申込み│プロミス公式サイト)

りそな銀行カードローンの申込条件
・お申込時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方。
※お申込時の年齢が満60歳以上の方は原則として当座貸越極度額は200万円以下となります。
・継続安定した収入のある方。
※継続安定した収入があればパート・アルバイトの方もお申込みいただけます。ただし、学生の方はアルバイト等で継続安定した収入があってもお取扱いできません。また、専業主婦・主夫の方のお申込みも承れません。
(参考元:カードローン│りそな銀行・埼玉りそな銀行)

安定した収入源を持つ

安定した収入源を持つようにしてください。

カードローンの審査では、「毎月返済していけるだけの収入があるか?」という部分が非常に重視されます。

そのため、アルバイトなどでもよいので、毎月継続して得られる収入源を持ちましょう。

クレカやローンの返済期日は必ず守る

クレカやローンの返済期日は必ず守る必要があります。

カードローンの審査では、申込者の信用度をチェックするため、信用情報機関にある過去の返済履歴を確認されます。

よって、返済期日を守っていないと審査に不利となるため、クレカやローンの返済は期日とおりにおこなってください。

他社の借入額と件数は少なめに

他社の借入額と件数はできる限り少ないほうが良いです。

ここでは言う、他社の借入とは以下のようなものです。
カードローン・キャッシング
フリーローン
クレジットカードのキャッシング枠

つまり、無担保で現金が借入できるものですね。
これらが多いと、毎月の返済負担が大きくなるため、返済に使えるお金も少ないと見られてしまう可能性が高いからです。

信用情報に事故情報がないこと

信用情報に事故情報がないことも条件です。

事故情報というのは信用情報機関で「金融事故」として扱われるものであり、おもに以下の4つを指します。

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
長期延滞(CIC61日以上、JICC3ヶ月以上)
代位弁済
強制解約

これらが起きるのは、「なんらかの問題が発生して返済不能になった」というケースがほとんどです。
よって、事故情報があると、カードローン会社側には「返済能力がない」と判断されてしまいます。

このため、信用情報に事故情報が記録される5年~10年の間は、カードローンの審査にはほぼ通りません。

お金を借りるのに審査甘い・通りやすいところはあるのか?まとめ
残念ながら、審査の甘いカードローンというのはありません。

ただし、審査に通りやすい(難易度がそれほど高くない)カードローンなら存在します。

「審査に自身がない・・・」というのであれば、今回の解説を参考にそうしたカードローンを選択するのが良いでしょう。

とくに消費者金融系カードローンは、審査のハードルが低めですので、審査が不安な人への借入先としてかなりおすすめできます。

即日でお金を借りたい時に申し込むべき業者とは?

即日でお金を借りたい!今すぐに借りれるところを教えて欲しい!と言う人がかなり多くいます。

やはりお金はいつ・どこで緊急に必要になるか分からないものです。自分の周りにそんな人はいないと大部分の人が思っていることでしょうが、お金の事だからこそ他の人には頼めないものです。

もし仮に自分がその立場になった時、誰を頼りますか?いきなり今日中に30万円が必要になった場合、貯金があれば問題ありませんが、なかった場合どうしますか?

友達にラインして今日中に30万円貸してほしいと頼んで、どれだけの人が今日中に用意しれくれるのでしょうか?

親や兄弟に頼むこともできますが、まずどんな事にお金を使うのか?そしてどうやって返済するのか、この2点は必ず聞かれることです。

しかし、借りる側の人間から言わせると、ちゃんとお金は返すから今すぐにでも振込して欲しいと思っています。

なぜなら、銀行の振込締め切り時間を過ぎるとより一層借りるのに手間がかかってしまうからです。

このように即日でお金を借りたいときは、頭が若干パニックになっていることもあり、なかなか正しい行動をとることができません。

俺が言う正しい行動とは、即日融資ですぐにでもお金を借りたい時にこそ、カードローンを利用すべきなのです。

友達や家族にお金の相談をしてる時間があれば、カードローンで早いところなら申込から振込まで最短1時間になっていますので、相談している間にお金を借りることができます。

即日融資でスピートNo.1はプロミス!

今すぐにでもお金を借りたい人は、プロミスが圧倒的におすすめです。

プロミスは、「瞬フリ」というサービスがあり、原則24時間365日最短10秒で即日融資が可能となっています。

瞬フリを使うには、まず契約完了している事が条件になりますが、プロミスは申込から振込融資までが最短1時間なので、審査は最短30分、WEB完結手続きを含めても1時間融資は充分に可能なのです。

そして内緒で借りたい人にも安心できる配慮として、自宅への郵送物なしで借りることができます。

プロミスのWEB完結時にカード不要を選択し、返済を口座振替(銀行引落)にすれば自宅への郵送物はありません。

もし、銀行引落が嫌な人(通帳記帳で借入がばれる可能性があるため)はプロミスのアプリローンがおすすめです。

アプリローンも自宅への郵送はなく、スマホを使ってセブン銀行から借入・返済ができますので、引落しによる返済ではなく、セブン銀行から返済をすることで完璧にばれずに借りることが可能です。

即日ですぐにお金を借りたい人は、第一歩の申込先を銀行カードローンにしてしまうと最悪です。

銀行カードローン自体が即日融資禁止になっていますので、審査結果でそれを聞いた時には多分1日は時間が経過していることでしょう。

仮に途中で気付いたとしても、申込してしまったら信用情報へ照会され申込記録が残ります。

申込記録は審査に有利になることはありませんので、次回申込時に、他社に申込したことがばれてしまうのです。

このように知識がない中で、勢いでカードローンに申込すると失敗してしまいます。

正しい知識を付けることは、自分自身を正しい選択に導くものなのです。

親や友達からお金を借りる場合の注意点

カードローンからお金を借りる方法が一番簡単で早いのですが、カードローンに申込すると、信用情報に登録される事自体が嫌な人も中にはいます。

そのような人達は世の中に一定数おり、これだけキャッシュレスの世の中になっていても、高齢者はクレジットカードをあまり信じず、現金払いのみの人がいるように、カードローンは絶対に嫌な人もいるのです。

その場合、お金を借りる方法として有力なのが、親などの身内や、友達から借りる方法です。

実際に1万円程度の少額であれば、わざわざカードローンに申込して借りるよりも親や友達から借りた方が早いでしょう(10万円以上となるとカードローンの方が気楽に借りれます)。

親や友達から借りる場合の注意点について書いていきます。

親や友達から借りる場合は必ず返済日を伝える事

親や友達からお金を借りる時に一番重要なのは、いつに借りたお金を返すかになります。

そして返済の期日が早ければ早いほど貸す方も信頼して貸すようになるでしょう。

例えば、「3日後の給料日に必ず返すから1万円貸して欲しい。」と言われた場合と、「3ヶ月以内には返せると思うから1万円貸して欲しい。」と言われた場合では、どちらが貸したいと思いますか?

間違いなく前者でしょう。それは3日という期限を決めて尚且つ、給料日という返済原資を提示しているため、それなら貸しても大丈夫と思われるのです。

一方、3ヶ月という長い期間で特に返済の根拠も話さない場合、本当に返す気があるのか疑問に思われます。

親や友達といくら仲が良い関係でも、お金によって仲が悪くなることは往々にあることです。

親しき中にも礼儀ありの心を持って交渉することが大切です。

個人間でお金を貸した場合の上限金利は10.95%も取れる?

お金を貸すことを業としている貸金業者(貸金業登録業者)は、利息制限法、出資法ともに年20%が上限金利となり、それ以上の金利で貸付を行えば刑事罰となります。(闇金と同じ)

しかし、友人など個人的にお金を貸した場合は出資法の上限金利は109.5%まで金利を請求しても罰則はありません。

そのため、個人間でお金を貸す場合、契約書に109.5%の金利を書く事はできますが、トラブルになった場合、訴訟になれば109.5%の金利は認められず、利息制限法の年20%の金利が適用されます。

このため、仮に長い間年20%以上の利息を払っていた場合、引き直し計算されますので、20%を超える利息を払っていたものに関しては元金充当され、元金が無くなっている場合は、不当利得返還請求ができます。

一昔前の消費者金融の過払い返還と同じことです。

あくまで出資法は個人間では年109.5%まで請求しても罰則はありませんが、現実的には認められない金利となるのです。

郵便局(ゆうちょ)からお金を借りる方法は?

郵便局は日本で約24,000店舗あり、コンビニ最大手のセブンイレブンよりも数が多く、都心は勿論、コンビニもあまりない田舎にも必ず郵便局だけはあります。

高齢者になるほど郵便局への信頼度は高く、最近では郵便局員によるかんぽ生命不正契約が社会問題になりました。
(参考サイト:かんぽ不正、郵便局に「正当化の風潮」調査委が報告書│朝日新聞デジタル

郵便局はゆうちょ銀行になりますが、他の銀行のようにお金を借りることができるか知っていますか?

多くの人は当たり前に借りれると思っていますが、実はゆうちょ銀行からお金を借りるには、ゆうちょ銀行の貯金を担保にする「貯金担保自動貸付け」しかないのです。

ゆうちょ銀行にはカードローンの取扱がありません

ほとんどの銀行がカードローンの商品を出しているので、ゆうちょ銀行にもカードローンの取扱があると思いがちですが、ゆうちょ銀行にはカードローンがありません。

2018年10月末までは、「したく」という商品名のカードローンがありましたが、これはゆうちょ銀行は契約の媒介をしていただけで、実際に貸付していたのはスルガ銀行なので、実質ゆうちょ銀行のカードローンではありませんでした。

「したく」に関しては、スルガ銀行が投資用不動産融資の不正融資が発覚したため、ゆうちょ銀行は2018年10月末で「したく」の新規受付を停止することになったのです。
カードローン「したく」のお申込み受付の終了について│ゆうちょ銀行

(スルガ銀行参考サイト:不適切融資1兆円超、スルガ銀行が全件調査結果発表│日本経済新聞)

ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付けとは?
ゆうちょ銀行が唯一貸付している貯金担保自動貸付けとは、総合口座で管理する担保定額貯金や担保定期貯金を担保とする貸付けです。

通常貯金の残高を超える払戻しの請求があったときに、その不足分が自動的に貸し付けられます(自動貸付け)。

貯金担保自動貸付けの商品内容

貸付の担保とするもの 担保定額貯金または担保定期貯金
貸付金額の上限 預入金額の90%以内
※1冊の総合口座通帳につき300万円まで
貸付期間 貸付けの日から2年(貸付けの日から2年以内に担保とする貯金が満期を迎える場合は、その満期までの期間)
※元利金継続(継続預入)の担保定期貯金を担保とする場合は、貸付期間の範囲内で貸付けも継続されます。
貸付の方法・回数 通常貯金の残高を超える払戻しがあったときに、その不足分が自動的に貸し付けられます(総合口座通帳には、貸付高が「現在高(貸付高)」の欄にマイナス表示で記帳されます)。貸付回数に制限はありません。
返済の方法・回数 貸付金額と貸付利子の相当額を、通常貯金に預入することで自動的に返済ができます。また、貸付期間内であれば、返済回数および1回あたりの返済金額に制限はありません
貸付金利 ・担保定額貯金を担保とする場合
返済時の約定金利(%)+0.25%
・担保定期貯金を担保とする場合
預入時の約定金利(%)+0.5%
利子の計算 1年を365日とする日割計算

ゆうちょは住宅ローン貸付をしているのか?

ゆうちょ銀行はソニー銀行の住宅ローンと新生銀行の住宅ローンの申込・契約の媒介をしています。

『媒介』という用語の意味は,(金銭の貸借の)契約の成立に尽力する行為のことです。これは,辞書的な意味に近いです。実際のサービスが媒介に該当するかどうかをはっきり判断できないことも多いです。
【金銭の貸借の媒介に関する金融庁見解(基本)】
・媒介該当行為の具体例
金銭の貸借を内容とする契約に係る以下の『ア〜ウ』の各行為は,原則として,貸金業法第2条第1項に規定する『金銭の貸借の媒介』に該当する。
ア 契約の締結の勧誘
イ 契約の勧誘を目的とした商品説明
ウ 契約の締結に向けた条件交渉
(引用元:貸金業法の媒介の意味や解釈(金融庁見解)│弁護士法人みずほ中央法律事務所

申込・契約の媒介という言葉はあまり聞きなれていないと思います。

ローン媒介で調べると、上記の説明が分かり易かったです。引用の文章は貸金業法の媒介についての説明ですが、ゆうちょ銀行の住宅ローンも同じ意味合いになります。

要するに、ゆうちょ銀行がソニー銀行や新生銀行の住宅ローンの契約締結の勧誘、勧誘を目的とした商品説明、契約締結に向けた条件交渉を行うことになり、代理店と思えば良いでしょう。

そのため、ゆうちょ銀行が住宅ローンを貸付しているのではなく、貸付するのはあくまでもソニー銀行と新生銀行になります。

ゆうちょ銀行に住宅ローンはあるのか?については、ゆうちょ銀行が貸付する住宅ローンは無いが正解になるのです。

ソニー銀行と新生銀行の住宅ローン比較

契約先 ソニー銀行住宅ローン 新生銀行住宅ローン
商品名 住宅ローン
変動セレクト住宅ローン
固定セレクト住宅ローン パワースマート住宅ローン<プラス>※
取扱手数料 住宅ローン:44,000円(消費税込み)
変動セレクト住宅ローン・固定セレクト住宅ローン:融資金額の2.2%(消費税込み) 融資金額の2.2%(消費税込み)
適用金利 ソニー銀行住宅ローン適用金利一覧 新生銀行住宅ローン適用金利一覧
ご融資金額 500万円以上2億円以下(10万円単位) 500万円以上1億円以下(10万円単位)
返済期間 住宅ローン・変動セレクト住宅ローン:1年以上35年以下(1ヶ月きざみ)
固定セレクト住宅ローン:10年以上35年以下(1ヶ月きざみ)
※借換えの場合は残存期間が上限 5年以上35年以内(1年単位)
但し、「長期固定金利タイプ」の場合は21年以上35年以内(1年単位)
返済方法 元利均等返済方式
※半年毎増額返済(ボーナス返済)併用可能 元利均等返済方式
※半年毎増額返済(ボーナス返済)併用可能
団体信用生命保険 必須加入(保険料はソニー銀行負担) 必須加入(保険y労は新生銀行負担)
団信種類 がん団信50%保障(適用金利上乗せなし)
がん団信100%保障(適用金利に0.1%上乗せ)
3大疾病団信(適用金利に0.2%上乗せ)
生活習慣病団信(適用金利に0.2%上乗せ)
一般団信(適用金利上乗せなし)
ワイド団信(適用金利に0.2%上乗せ) 介護団信(適用金利上乗せなし)
一般団信(適用金利上乗せなし)
※パワースマート住宅ローン<プラス>は、全国保証株式会社の保証付き住宅ローンをご利用いただく場合は、同社所定の審査があるほか、金利や条件が異なります。詳しくはゆうちょ銀行住宅ローン取扱店にお問い合わせください。

まとめ:ゆうちょ銀行からお金を借りる選択肢はおすすめしません

ゆうちょ銀行でお金を借りるには、ゆうちょ銀行に担保定額貯金または、担保定期貯金がある人だけです。

住宅ローンは申込・契約の媒介をしているだけなので、ゆうちょ銀行からお金を借りる訳ではありません。

そのため、今すぐに少額の10万円~50万円をゆうちょ銀行から無担保・無保証で借りたい人には向いていません。

そもそも、ゆうちょ銀行に貯金がある人なら、その蓄えを使えば良いだけの話です。

ゆうちょ銀行は消費者金融のように本人確認書だけで手軽に借りれるローンは無いため、お金を借りる選択肢としてはおすすめできません。

アプリでお金を借りるメリットとは?アプリの特徴を解説

令和の時代、インターネットは必須であり、若い人は生まれてから普通にネット環境があります。

ネットで検索するのも、90%以上はスマートフォンからです。それだけスマホは生活に欠かせない存在になっているのですが、実はスマホのアプリを使ってお金を借りることもできるのです。

アプリを出している有名なとこは、大手消費者金融や銀行カードローンになります。クレジット会社もいくつかアプリを出しています。

消費者金融業者名 アプリ名
プロミス アプリローン
アコム アコムナビ
iphone用
android用
SMBCモビット 公式スマホアプリ
アイフル 公式スマホアプリ
レイクALSA e-アルサ
三井住友銀行カードローン スマートフォンアプリ「カードローン」
じぶん銀行カードローン じぶん銀行スマートフォンアプリ
新生銀行カードローン エル 新生銀行カードローン エル 公式アプリ「新生銀行L」
オリックス・クレジット スマートフォンアプリ

上記がアプリを出している有名カードローンですが、注意点として、銀行カードローンのアプリは本人確認書類や収入証明書等の提出に使われるのがメインになっており、そのままWEB完結で契約まではいけません。

大手消費者金融のアプリの場合、申込から書類提出、契約までが全てアプリで出来、そのままスマホを使ってセブン銀行等からお金を借りることもできます。

このため、アプリでお金を借りるのであれば、大手消費者金融のアプリをインストールしましょう。

銀行カードローンのアプリは申込は24時間可能ですが、ほとんどがアプリで契約することまではできないのです。

アプリはWEB(ネット)でお金を借りるのと、どう違うの?

アプリでお金を借りることは、主に大手消費者金融のアプリをスマートフォン等にインストールして、申込→審査→WEB契約→借入の流れになります。

インターネットの場合も同じくWEBで申込→審査→WEB契約→借入となりますので、その違いは、アプリからの申込か、WEB(HP等)からの申込かの違いだけです。

であるならば、アプリで申込するメリットは何があるのか?

アプリローンのメリット・デメリットについて説明します。

アプリの最大メリットはカードなしでスマホで借入・返済ができる事

重要ここで言うアプリのことは、大手消費者金融のアプリのことを指しています。銀行カードローンは先ほど書いたように、契約までアプリではできず、アプリを利用して借入・返済もできないので注意が必要です。

消費者金融大手のアプリ最大のメリットは、スマホがあればカードレスでセブン銀行から借入・返済ができる点です。

カードローンはその名の通り、ローンカードを使って提携金融機関ATMやコンビニATMから借入や返済をするのが一般的です。

今の大手消費者金融の即日融資は原則24時間365日可能となっていますが、一昔前は平日14時までに振込手続きをしなければ、当日に口座振込融資はできませんでした。

そのため、銀行時間外に借入をするなら、カードを使って提携ATMから取引をするしかなかったのです。

しかし、カードを持っているということは、借金をしていると一目でバレてしまいます。

財布の中に入れていたとしても、なんらかの拍子でカードが見えてしまえば、借金をしているとバレてしまい、いくら言い訳してもなかなか信じてくれません。

カードはいつでも借入・返済ができるので便利な反面、見られてしまえばお金を借りているとバレるので非常に危険な一面もありました。

しかし、アプリを利用してお金を借りれば、カードレス(カード発行不要)が可能になったのです。

カードが無くても、自分のスマートフォンさえあれば、全国のセブン銀行ATMで借入・返済ができるのは非常に画期的なことなのです。

プロミスアプリローンのスマホATMの使い方

大手消費者金融アプリの代表的なのと言えば、プロミスのアプリローンです。

アプリローンはセブン銀行のATMで、プロミスカードを使わずにスマホだけで現金のお借入れ、ご返済ができるサービスです。

アプリでセブン銀行のATMに表示されるQRコードを読み込み、アプリに表示されるワンタイム暗証番号などの入力操作を行うだけでOK。原則24時間365日お取引きできます。

プロミスアプリにログイン後スマホATM取引をクリック
アプリローン使い方1

セブン銀行ATMでスマートフォン取引を押しQRコードを表示させる
アプリローン使い方2

出金または入金をクリックしATMに表示されているQRコードを読み取る
アプリローンの使い方3

企業番号・ワンタイム暗証番号をセブン銀行ATM画面に入力
アプリローン説明4

セブン銀行ATM画面にワンタイム暗証番号を入力し取引金額を入力
アプリローン利用方法5

この後はATMの手順に沿って進めるだけです。
上記がプロミスのアプリローンを使って、セブン銀行ATMから借入・返済する流れになります。

カードが無くてもスマホさえあれば、セブン銀行ATMで簡単に借入・返済ができるのが分かると思います。

これこそがアプリでお金を借りるメリットになるのです。

高齢者がお金を借りるには?高齢者が借りる方法まとめ

日本は少子高齢化となっており、高齢者が人口に占める割合は2019年9月15日現在で28.4%と、前年(28.1%)よりも0.3%増加しています。
(参考サイト:統計局ホームページ│統計から見た我が国の高齢者

高齢者とは65歳以上の人を指しますが、今の時代65歳はまだまだ若いとされています。

高齢者になってもお金の入用は当然ありますが、収入が年金だけでは老後を乗り切るのは厳しいとされています。

では高齢者がお金を借りたいと思った時、どこが融資をしてくれるのか?そして何歳までお金を借りれるのか?これらについてまとめてみました。

年金担保貸付事業は令和4年3月末で申込が終了になります

65歳以上の高齢者がお金を借りる方法として最も有力だったのが、年金担保貸付・労災年金担保貸付です。

しかしながら、年金担保貸付は令和4年3月末で新規申込が終了になります。

年金担保貸付制度・労災年金担保貸付制度は、平成22年12月の閣議決定において廃止することが決定されたこと等を受けて、平成23年12月及び平成26年12月の2回にわたる制度見直しを行い、事業規模の縮減を図ってきました。
両制度については、厚生労働省から「令和4年3月末の予定で申込受付を終了する」旨の方針が示されたため、令和4年3月末の予定で申込受付を終了することとなりました。
(引用元:年金担保貸付Q&A【よくあるご質問】

年金担保貸付とはその名の通り、年金の支払いを受けている人が、その年金を担保にしてお金を借りることです。

【年金担保貸付事業の趣旨や背景】
公的年金は、その主たる目的が高齢者などの所得の保障にありますが、年金担保貸付事業は、高齢者などが医療費や住宅の改修費用などで一時的に資金が必要となった場合に、その公的年金を担保として小口の資金を低利で貸し付ける公的な貸付制度として、年金を補完する役割を担っています。

年金担保貸付事業が創設された背景には、高齢者などの年金受給者に一時的に資金需要が生じた際に、その資金を用立てることができない場合、悪質な業者などから高利の貸付を受け、その結果、生活困窮に陥るといった事例が見られたことから、この事業によって、こうした事例を防ぐことが意図されています。
なお、年金担保貸付事業には国の財政措置はありません。
(引用元:年金担保貸付Q&A【よくあるご質問】)

下記の証書を持っていて、今現在その年金の支払いを受けている方がご利用できます。

年金の種類は老齢年金、老齢基礎年金、障害年金、遺族年金のいずれも対象となります。

厚生年金保険年金証書※1
国民年金・厚生年金保険年金証書
船員保険年金証書※2
国民年金証書※3
労働者災害補償保険年金証書※4
※1 厚生年金基金および企業年金連合会から支払われるものは対象となりません。
※2 厚生年金保険とみなされ融資の対象となります。ただし、平成22年1月1日以降の事故による船員保険の障害・遺族年金は対象になりません。
※3 無拠出制の老齢福祉年金、特別障害給付金および国民年金基金は対象となりません。
※4 石綿健康被害救済法に基づく特別遺族年金は対象となりません。各種共済年金および恩給は、対象になりません。
年金担保貸付・労災年金担保貸付の融資条件
融資金額 ご融資金額は、借入申込者ご本人が必要とする額(※)を限度とし、次の3つの要件を満たす額の範囲内となります。
・10万円~200万円の範囲内(1万円単位。ただし、資金使途が「生活必需物品の購入」の場合は、10万円~80万円の範囲内となります。)
・受給している年金の0.8倍(年額。年金から源泉徴収されている所得税額に相当する額を除く)以内
・1回あたりの返済額の15倍以内(ご融資金額の元金相当額をおおむね2年6カ月以内でご返済していただくこととなります。)
※融資金の必要性等の確認のため、見積書、請求書等の資料をご提示いただき、借入申込書に「資金使途」、資金使途ごとの「必要額」及びその「支払(予定)年月」をご記入いただきます。また、「必要額の合計額」が「借入申込額」に満たない場合、融資金は「必要額の合計額」までのご融資額となります。

返済方法 ご返済は、独立行政法人福祉医療機構がお客さまの年金を年金支給機関から直接受け取ることによって行われます。
年金支給機関から偶数月に支給される年金のうち、お客さまが指定した額(定額返済額・1万円単位)を返済に充てることとなります。
定額返済額の上限は1回あたりの年金支給額の1/3以下とし、下限は1万円となります。
担保 年金を受ける権利(受給権)を担保にします。借入申込時に年金証書を取扱金融機関でお預かりし、引換えに「年金証書預り証」をお渡しします。
貸付利率 年金担保貸付:年2.8%(平成30年10月3日現在)
労災年金担保貸付:年2.1%(平成30年10月3日現在)
連帯保証人 連帯保証人(審査基準あり)が必要となります。
なお、連帯保証人をたてる以外に信用保証機関による、信用保証制度(保証料が必要)を利用する方法も有ります。(公益財団法人年金融資福祉サービス協会が保証します。)
(出典:融資制度のあらまし│独立行政法人 福祉医療機構

年金担保融資の特徴は返済の仕組みにあります。

年金担保貸付の返済期間中は、年金支給機関から支給される年金(遡って支給される年金も含む)の全額を独立行政法人福祉医療機構が本人に代わって直接受け取り、定額返済額を回収した後に、その残額を返済剰余金として指定の預金口座に振込ます。

要するに年金を担保にすると、福祉医療機構が間に入り、先に年金担保貸付の返済分を回収します。

回収後に残った年金支給額を、福祉医療機構が指定口座に振込することになります。

このため、年金担保貸付は必ず回収できる融資方法になっているのです。

年金担保貸付の金利は年2.8%だが連帯保証人が必要

年金担保でお金を借りる場合、金利は年2.8%とかなり低金利で借りることができます。

消費者金融の平均が約18.0%、銀行カードローンが14.0~15.0%のことを考えれば、非常に低い金利になっています。

注意点としては、年金担保貸付は連帯保証人が必要となります。もしくは、信用保証機構による信用保証制度(保証料が必要)を利用しなければなりません。

年金を債務者よりも先に受け取るため、未回収はほぼ無い貸付なのですが、連帯保証人までつけるのがデメリット部分です。

その他デメリットとして、年金担保貸付の資金使途は目的ローンのように明確な使い道が必要です。(例:保健・医療、介護・福祉、住宅改修等、教育、冠婚葬祭、事業維持、債務等の一括整理、生活必需物品の購入など)

ただ単に、生活資金や旅行費用としは利用することができません。そのため、申込に資金使途の確認書類(見積書や請求書)が必要となります。

生活福祉資金貸付制度は高齢者でもお金を借りることが可能

高齢者が年金担保融資以外でお金を借りる方法として考えられるのは、生活福祉資金貸付制度になります。

生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。

全国社会福祉協議会のHPには下記のように書かれています。

本貸付制度は、都道府県社会福祉協議会を実施主体として、県内の市区町村社会福祉協議会が窓口となって実施しています。低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯等世帯単位に、それぞれの世帯の状況と必要に合わせた資金、たとえば、就職に必要な知識・技術等の習得や高校、大学等への就学、介護サービスを受けるための費用等の貸付けを行います。

また、本貸付制度では、資金の貸付けによる経済的な援助にあわせて、地域の民生委員が資金を借り受けた世帯の相談支援を行います。
平成27年4月から施行された生活困窮者自立支援制度は、生活上のさまざまな課題を抱えた方に、包括的な相談支援を継続的に行うことにより、自立の促進を図ることを目的としています。

この生活困窮者自立支援制度の施行に伴って、本貸付制度においても、より効果的に低所得世帯等の自立支援を図るために、生活困窮者自立支援制度と連携した貸付を行うこととして、その見直しが行われました。

総合支援資金と緊急小口資金の貸付にあたっては、就労支援をはじめ包括的な支援が必要であることから、就職が内定している者等を除いて生活困窮者自立支援制度における自立相談支援事業の利用を貸付の要件とすることになりました。
(引用元:生活福祉資金│全国社会福祉協議会

ここで注意すべきは、生活福祉資金は世帯単位で収入等を見られるということです。

生活福祉資金の貸付対象世帯
低所得者世帯 必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(※市町村民税非課税程度)
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者等の属する世帯
高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯
年金担保融資や、カードローンは世帯単位ではなく、その人の収入等を見て判断しますが、生活福祉資金は世帯単位で見られます。

そのため、仮に高齢者の資金需要者が経済的に困窮していたとしても、同世帯の息子や娘の収入が多ければ生活福祉資金は受けられない可能性があるのです。

※低所得者世帯の市町村民税非課税程度とは、主に下記を参考にしてください。
参考【住民税非課税世帯の年収はいくら?】
■会社員(独身)・・・年収100万円以下
所得金額が35万円以下で住民税非課税。収入に換算すると年収100万円
【年収100万円】-【給与所得控除65万円 ※3】=【所得35万円】

■会社員、専業主婦、子ども1人の3人世帯・・・年収205万円以下
所得金額が126万円(35万円×3+21万円)以下で住民税非課税。
【年収205万円】-【給与所得控除79万5000円 ※3】=【所得125万5000円】

■会社員、専業主婦、子ども2人の4人世帯・・・年収255万円以下
所得金額が161万円(35万円×4+21万円)以下で住民税非課税。
【年収255万円】-【給与所得控除94万5000円 ※3】=【所得160万5000円】

※3 給与所得控除額は年収によって変わります。

生活福祉資金貸付種類と貸付条件
総合支援資金
貸金の種類 利用目的 貸付限度額 貸付利子 連帯保証人
生活支援費 生活再建までの間に必要な生活費用 ・2人以上:月20万円以内
・単身:月15万円以内
・貸付期間:原則3月、最長12月以内(延長3回) ・連帯保証人有:無利子
・連帯保証人なし:年1.5% 原則必要。但し、連帯保証人なしでも貸付可
住宅入居費 敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶためにに必要な費用 40万円以内 ・連帯保証人有:無利子
・連帯保証人なし:年1.5% 原則必要。但し、連帯保証人なしでも貸付可
一時生活再建費 生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うこと が困難である費用
・就職・転職を前提とした技能習得に要する経費
・滞納している公共料金等の立て替え費用
・債務整理をするために必要な経費 等 60万円以内 ・連帯保証人有:無利子
・連帯保証人なし:年1.5% 原則必要。但し、連帯保証人なしでも貸付可
福祉資金資金
貸金の種類 利用目的 貸付限度額 貸付利子 連帯保証人
福祉費 ・生業を営むために必要な経費
・技能習得に必要な経費及びその期間中の生計を維持するために 必要な経費
・住宅の増改築、補修等及び公営住宅の譲り受けに必要な経費
・福祉用具等の購入に必要な経費
・障害者用の自動車の購入に必要な経費
・中国残留邦人等に係る国民年金保険料の追納に必要な経費
・負傷又は疾病の療養に必要な経費及びその療養期間中の生計を 維持するために必要な経費
・介護サービス、障害者サービス等を受けるのに必要な経費及び その期間中の生計を維持するために必要な経費
・災害を受けたことにより臨時に必要となる経費
・冠婚葬祭に必要な経費
・住居の移転等、給排水設備等の設置に必要な経費
・就職、技能習得等の支度に必要な経費
・その他日常生活上一時的に必要な経費 580万円以内
※資金の用途に応じて上限目安額を設定 ・連帯保証人有:無利子
・連帯保証人なし:年1.5% 原則必要。但し、連帯保証人なしでも貸付可
緊急小口資金 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸付ける少額の費用 10万円以内 無利子 不要
教育支援費資金
貸金の種類 利用目的 貸付限度額 貸付利子 連帯保証人
教育支援費 低所得世帯に属する者が高等学校、大学又は高等専門学校に就 学するのに必要な経費 高校:月3.5万円以内
高専:月6万円以内
短大:月6万円以内
大学:月6.5万円以内
※特に必要と認める場合は、上記各限度額の1.5倍まで貸付可能 無利子 原則不要※世帯内で連帯借受人が必要
就学支度費 低所得世帯に属する者が高等学校、大学又は高等専門学校への 入学に際し必要な経費 50万円以内 無利子 原則不要※世帯内で連帯借受人が必要
不動産担保型生活資金
貸金の種類 利用目的 貸付限度額 貸付利子 連帯保証人
不動産担保型生活資金 低所得の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として 生活資金を貸し付ける資金 ・土地の評価額の70%程度:月30万円以内
・貸付期間:借受人の死亡時までの期間又 は貸付元利金が貸付限度額に 達するまでの期間 年3.0%または長期プライムレートのいずれか低い利率 必要※推定相続人の中から選任
要保護世帯向け不動産担保型生活資金 要保護の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として 生活資金を貸し付ける資金 ・土地及び建物の評価額の70%程度(集合住宅の場合は 50%)
・生活扶助額の1.5倍以内
・貸付期間 借受人の死亡時までの期間又 は貸付元利金が貸付限度額に 達するまでの期間 年3.0%または長期プライムレートのいずれか低い利率 不要
上記が生活福祉資金の貸付種類です。利用目的に該当する貸付種類があれば申込することができます。

年金担保融資は連帯保証人が必要となりますが、生活福祉資金の一部は連帯保証人不要で借りることもできます。

また貸付種類によっては、連帯保証人なしで無利子の貸付もありますので、年金担保貸付よりもおすすめと言えます。

コンビニATMでお金を借りる方法とは?コンビニで借入するには?

コンビニの画像
融資を受ける方法の1つに、コンビニでお金を借りれると思っている人がいます。

確かにコンビニATMからお金を借りることは可能なのですが、それはコンビニエンスストアが貸してくれているわけではなく、あくまでコンビニATMと提携している金融機関または貸金業者から借入しているだけなのです。

セブンイレブンやローソンなどが店頭で審査して融資を実行しているわけではありません。

主要コンビニATMの特徴
まずはコンビニに多く設置してある、セブン銀行・ローソン銀行・EnetATMの特徴について説明します。
セブン銀行ATMの特徴
セブン銀行ATM画像
コンビニ最大手のセブンイレブンは、店舗内にセブン銀行ATMの設置があります。セブン銀行ATMの設置台数は2019年2月28日に25,000台を突破しており、多くの人が利用しているATMと言えます。
(参考PDF:セブン銀行ATMが25,000台を突破│PDF

【セブン銀行ATMの特徴】

防犯用押しボタン設置
コールセンターに繋がるインターホン有
記録用カメラ設置有
電子マネーnanaco対応
スマートフォン対応
セブン銀行ATMは多くの金融機関や、カードローンなどの貸金業者と提携しており、取引している金融機関や貸金業者等が休みでも、そのカードを使って借入・返済ができるので、非常に便利です。
他のコンビニATMと大きく違うのは、電子マネーやスマートフォン対応になっているため、スマホを使えばカードが無くても、借入や返済などの取引ができることです。
このため、カードローン会社ではアプリを使って、カードレスでセブン銀行を利用できるサービスが人気となっています。

ローソン銀行ATMの特徴
ローソン銀行ATM
ローソン銀行ATMは2019年7月1日に13,476台の設置台数になり、提携金融機関数は113社となっています。
(参考サイト:ディスクロージャー誌2019│PDF)

【ローソン銀行ATMの特徴】

左右からの覗き見防止のサイドパネル有
後方確認ミラー設置有
24時間対応可能なガイドフォン有
ローソン銀行ATMは、スマートフォン未対応になっているため、消費者金融などのアプリローンが利用できません。
セブン銀行に比べるとスペックが多少落ちますが、カードを使った借入・返済、振込等はできますので、カードがあれば特に問題はありません。

Enet ATMの特徴
イーネットATM画像
EnetのATMはファミリーマート、デイリーヤマザキ、バロー、ドン・キホーテ、コストコ、JRAなどに設置してあり、2017年11月末時点で13,000台となっています。
(参考サイト:イーネットとゆうちょ銀行が業務提携│ニュースファミリーマート)

【Enet ATMの特徴】

防犯ミラーの設置有
防犯用押ボタン有(セコム)
24時間対応可能なガイドフォン有
全国8府県のご当地言葉の挨拶有
Enet ATMはファミリーマート以外でもスーパーや、ショッピングセンター、駅などでよく見かけるATMです。
EnetATMも電子マネーやスマートフォンには対応していないので、セブン銀行ATMよりも使い勝手は悪いです。
どうでもいい機能かもしれませんが、全国8府県の方言で挨拶する機能があるので、個人的にはちょっと面白いです。

コンビニATMからお金を借りるのに最適な金融業者はどこ?
今は大手金融機関や貸金業者ならば、ほとんどがセブン銀行・ローソン銀行・EnetとATM提携をしているため、カードやスマホを使えば借入や返済ができるようになっています。

しかし、コンビニATMからお金を借りるうえで重要なことは、提携ATM利用手数料が有料なのか、無料なのかです。

提携ATM手数料とは、カードローンであれば借入や返済1回ごとにかかる料金のことで、取扱金額が1万円以下で110円、1万円超で220円もの手数料が取られます。

カードローンの提携ATM手数料
取り扱い金額 提携ATM手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円
この提携ATM手数料は「塵も積もれば山となる」の言葉通り、コンビニATMを多く利用する人にとっては非常に高い金額になってしまうのです。

そのことから、コンビニATMからお金を借りるのに最適な金融業者の条件は、提携ATM手数料が無料な金融業者と言うことになります。

コンビニから借入するならセブン銀行カードローンがおすすめ

コンビニからお金を借りるなら、第一候補としてセブン銀行カードローンがおすすめです。

セブンイレブンはコンビニ最大手のため、店舗数が多く、セブン銀行ATMは25,000台を突破しています。(2019年2月28日時点)

セブン銀行が貸付しているため、当然セブン銀行ATMから無料で借入ができます。

但し、デメリット部分として、セブン銀行以外のATMでは利用ができないこと、セブン銀行の口座が必要になること、また、利用限度額は10万円・30万円・50万円の3種類しか無いため、50万円を超える金額を借りたい人には向いていません。

セブン銀行カードローンの詳細
ご利用条件 次の条件をすべて満たす方に限ります。
1.セブン銀行口座をお持ちのお客さま(個人)
2.ご契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満のお客さま
3.一定の審査基準を満たし当社指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられるお客さま
4.外国籍の方は永住者であること
※ご利用限度額の増額のお申込みは、新規にご契約後2ヶ月以上経過のご契約中のお客さまに限ります。
※外国籍の方が永住者であることの確認は有人店舗でのみ実施します。
資金使途 自由(但し、事業性資金は利用不可)
利用限度額 10万円・30万円・50万円
※70万円型、100万円型の申込受付は終了
金利 年15.0%
借入方法 1.セブン銀行ATMからキャッシュカードまたはスマートフォンアプリでの借入
2.ダイレクトバンキングサービスにて普通預金へ振替入金
毎月の返済(約定返済) 毎月27日が月々のご返済日となります。
※返済日が土・日・祝日、その他法令で定められた銀行の休日にあたる場合、次の窓口営業日が返済日となります。
※借入残高のない状態でお借入れをされた場合、借入後初回の月々の返済日は、元加のみ行い、2回目に到来する月々の返済日からご返済いただきます。ただし、月々の返済日の当日にお借入れをされた場合、借入後初回の月々の返済日からご返済いただきます。
※月々の返済日のご変更はできません。
※月々のご返済を遅延された場合は、遅延分をご返済いただくまで新たなお借入れはできません。
返済方法 月々の返済日に、下記の返済金額を普通預金から自動引落しさせていただきます。
<月々の返済額(約定返済額)>
(1)利用限度額10万円の場合は5,000円、利用限度額30万円および50万円の場合は10,000円、利用限度額70万円および100万円の場合は15,000円
(2)上記(1)より、次の<1>または<2>が少ない金額の場合、その<1>か<2>の少ない方の金額が返済金額となります。
<1> 前月の月々の返済日の最終借入残高
<2> 当月の月々の返済日の前日の最終借入残高とそれまでの利息の合計額
※月々の返済日に、前日までの利息を借入残高に組み入れた後に、自動引落しいたします。
※普通預金残高が月々の返済額に満たない場合、自動引落しはいたしませんので、遅延となります。
遅延損害金 無し
担保・保証人 不要
※アコム株式会社の保証をご利用いただきますので、担保・保証人は不要です。
※保証料は、セブン銀行所定の借入利息に含まれます。

セブン銀行カードローンを申込する場合は、アプリから申込の方がおすすめです。

専用アプリから申込した場合、キャッシュカードを受け取る前にスマートフォンを使って借入ができるので、通常の申込よりも早く現金を手にすることができるのです。

セブン銀行カードローンの借入までの流れは、申込後に最短2~3営業日程度で、審査結果・契約手続き完了のお知らせが登録のメールアドレスに届きます。

その後、キャッシュカードが自宅に郵送されるのを待って借入可能となりますが、アプリ申込の場合、キャッシュカードが届く前の契約完了が通知されれば、スマートフォンから借入ができるのです。

セブン銀行カードローンアプリ借入の流れ※画像はセブン銀行カードローン公式サイトから

Myセブン銀行(スマートフォンアプリ)をダウンロード
iPhoneの方 Androidの方
Appからダウンロード googleplayダウンロード
コンビニのセブンイレブンを多用する人は、セブン銀行カードローンでお金を借りるのがおすすめです。

取り扱いATM手数料はもちろん無料ですし、スマホ対応ATMなのでカードなしで借入することができます。

アプリからの申込であれば、キャッシュカードが届く前に借入できるため、最短で申込から2~3営業日で融資が可能となっています。

銀行カードローンが即日融資できない中、セブン銀行は審査・融資スピードは早い方になります。

日本政策金融公庫でお金を借りる方法と融資の種類

日本政策金融公庫は、政府が100%出資する金融機関で、日本公庫とも呼ばれています。

日本政策金融公庫の目的は公式サイトに下記のように書かれています。

一般の金融機関が行う金融を補完することを旨とし、国民一般、中小企業者及び農林水産業者の資金調達を支援するための金融の機能を担うとともに、内外の金融秩序の混乱又は大規模な災害、テロリズム若しくは感染症等による被害に対処するために必要な金融を行うほか、当該必要な金融が銀行その他の金融機関により迅速かつ円滑に行われることを可能とし、もって国民生活の向上に寄与することを目的として業務を行っています。
(引用元:プロフィール│日本政策金融公庫

また、総裁メッセージには、日本公庫の役割と使命として、「一般の金融機関が行う金融を補完すること」を旨としつつ、国の中小企業・小規模事業者政策や農林漁業政策等に基づき、法律や予算で決められた範囲で金融機能を発揮している政策金融機関と書かれていることから、主に中小企業者や農林水産業者に対して、事業の安定や創業を融資という形で支援することを目的としています。

日本政策金融公庫の融資制度

日本政策金融公庫の融資の制度は主に3つになっており、その3つの中にかなり多くの貸付種類があります。

国民生活事業 個人企業や小規模企業向けの小口資金の融資。融資額の平均は約700万円※短期の運転資金も可能
中小企業事業 中小企業向けの長期事業資金の融資。融資額の平均は約1億円※短期の運転資金は不可
農林水産事業 農林漁業や国産農林水産物を取り扱う加工流通分野の長期事業資金の融資
日本政策金融公庫の事業別取扱残高
項目 残高
総融資残高 17兆4,611億円
国民生活事業 7兆1,513億円
農林水産事業 3兆1,229億円
中小企業事業 5兆3,269億円
危機対応円滑業務 1兆8,153億円
特定事業等促進円滑化業務 447億円
国民生活事業の貸付種類
国民生活事業

一般貸付
セーフティネット貸付
新企業育成貸付
企業活力強化貸付
環境・エネルギー対策貸付
企業再生貸付
生活衛生貸付
国の教育ローン
恩給・共済年金担保融資
その他の融資制度
中小企業事業の貸付種類
中小企業事業

新企業育成貸付
企業活力強化貸付
環境・エネルギー対策貸付
セーフティネット貸付
企業再生貸付
その他の融資制度
農林水産事業の貸付種類
農林水産事業

農林水産事業農業
林業
漁業
農林漁業共通
食品産業
さらに細かい貸付項目はこちら参照
日本政策金融公庫の金利はどれぐらいなのか?
日本政策金融公庫の金利は、融資制度によって異なります。

国民生活事業の金利
融資の内容 金利
担保を不要とする融資 年0.76%~2.45%
新創業融資制度(無担保・無保証) 年1.06%~2.75%
担保を提供する融資 年0.30%~2.10%
国民生活事業金利一覧

中小企業事業の金利
貸付期間 金利
5年以内 年0.30%~1.11%
10年超11年以内 年0.30%~1.11%
19年超20年以内 年0.40%~1.30%
中小企業事業金利一覧

農林水産事業の金利
資金名 金利
スーパーL資金
(農業経営基盤強化資金) 一般:年0.16%~0.20%
特例:0%
スーパーW資金
(農林漁業施設資金・アグリビジネス強化計画) 年0.20%
農業改良資金 無利子
青年等就農資金 無利子
経営体育成強化資金 年0.20%
農林漁業セーフティネット資金 年0.16%~0.19%
林業基盤整備資金 年0.16%~0.35%
漁業経営改善支援資金 0.20%,0.35%
特定農産加工資金 0.16%~0.50%
食品流通改善資金
(生製提携型・生販提携型) 年0.16%~0.35%
農林水産事業金利一覧

日本政策金融公庫の申込から融資までの流れ
融資相談
事業資金相談ダイヤル(0120-154-505)」に融資の相談をする。

申込
日本政策金融公庫公式サイトから借入申込書をダウンロードし、必要書類を添付して郵送する。

面談
政策金融公庫では、担当者と面談が必ずあります。

契約書郵送
借用証書などの契約に必要な書類を契約センターまたは支店から郵送

融資
指定の口座に融資金が振込されます。

個人間融資とは?掲示板やTwitterで個人間の貸し借りは危険!?

掲示板やTwitterなどの個人間融資は危険なのか?
個人間融資とは、消費者金融などの貸金業者ではなく、個人でお金の貸し借りを行う事です。

個人間融資の多くは、TwitterなどのSNSやネット掲示板を中心に行われています。

なぜ個人間融資でお金を借りる人がいるのか?それは、普通の消費者金融や銀行などのカードローンでは審査に通らないからです。

一般的にお金を借りる場合、友人や家族などの身内または、消費者金融などの正規金融業者から借りるのが普通です。

しかし、多重債務者になると、友人や家族はすでにお金を借りており、消費者金融には延滞中の人が多くいます。

貸金業法では融資の審査を行う際は必ず、指定信用情報機関の信用情報を照会することが義務付けられています。

なので、信用情報を調査せずに融資を実行すれば貸金業法違反になるのです。このことから、消費者金融や銀行などのカードローンは、信用情報が絶対の審査基準になっています。

個人間融資では信用情報は調査できない

個人間融資に申込する人の多くが、信用情報で異動情報などの事故情報(ブラック情報)があるがために通常のカードローンでは審査落ちしてしまう人です。

個人間融資のメリットは、この信用情報が調査されない(できない)ことになります。

貸金業法で指定信用情報機関に認定されているのは、CIC(シー・アイ・シー)とJICC(日本信用情報機構)の2社だけですが、この2社に加盟するには貸金業法上の資産が5,000万円以上で、正式に貸金業登録している金融業者が最低条件となります。

また、信用情報機関の加盟審査も厳しく、不審な金融会社は加盟することができません。当然、個人では加盟することなど不可能です。

そのため、個人間融資では信用情報を調査せずにお金の貸し借りが行われているため、他社延滞中や自己破産者、債務整理中、過去に債務整理をした人など、信用情報を見られたら借りられない人達の申込が多数になっています。

業として複数人にお金を貸付するのは貸金業登録が必要になります
そもそも、個人間融資などと言われていますが、貸金業登録なしに個人が複数にお金の貸付をすることは、貸金業法違反になり、闇金と同じ罪になります。

少し前に、闇金よりも請求が優しく、取り立てもあまり来ない「ソフト闇金」が話題になりましたが、個人間融資も同じようなものです。

中には、闇金が個人間融資の掲示板に貸主として書き込みしているケースも多々あります。

2010年の貸金業法改正によって、無登録の貸金業者(闇金)の罰則は非常に厳しくなっており、無登録業者は貸金業法第47条によって、10年以下の懲役若しくは3千万円以下の罰金となります。

個人間融資は危険なので絶対にやめましょう!

個人間融資は手軽に申込ができることから、消費者金融等で借りられない人が流れる傾向にありますが、非常にリスクが高いため、絶対に借りないようにしましょう。

個人間では貸金業法が適用されないため、闇金と同じく法外な金利を強要されたり、お金を貸す見返りとして肉体関係を迫る「ひととき融資」の強要がよくネットなどで噂になっています。

特に「ひととき融資」に関しては、お金を貸すことが目的ではなく、はじめから性行為目的でお金を貸す人もいます。

そして、個人間融資では個人情報の管理が徹底されておらず、悪用・流出につながり、新たな被害にあう可能性もあります。

お金が必要で、どうしても借りたい時はあるかもしれません。しかし、既に多重債務者になっているのならば、相談する相手は個人間融資の貸主ではなく、弁護士・司法書士などの専門家なのです。

債務整理や闇金に関しては、無料で相談を受けている弁護士・司法書士は多くいます。まずは借金をせずに、債務を整理することを考えた方が、自分自身の将来的に一歩前進しているはずです。

迷った時は厳しい方を選択するべきです。簡単に思える個人間融資は絶対的にやめておきましょう。

レイクALSA貸付条件表
商号 新生フィナンシャル株式会社
ご融資額 ・年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
・ご自分のメールアドレスをお持ちの方
・日本の永住権を取得されている方
ご利用対象 新生フィナンシャル株式会社
貸付利率(実質年率) 年4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高によって異なります。
遅延損害金 年20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数 最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 運転免許証等
収入証明(契約額に応じてレイクALSAが必要とする場合)
担保・保証人 不要
貸金業登録番号 関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
タイトルとURLをコピーしました